資料名

世界市場・業界調査
ワールドワイド太陽電池セル生産拠点と生産キャパシティに関する調査 2009-2015

世界市場でメーカーが活発な生産増強を計画している状況を技術タイプ別に網羅。
53社のメーカー動向、技術動向、生産能力などを明らかにする。

発刊日2010年02月08日体裁68ページ
申込み先富士経済ネットワークス制作富士経済USA
価格
日本語版/英語版※1
簡易製本版/送料無料95,000円+税
備考 下記に関するお問い合せは富士経済ネットワークスへご連絡下さい。
※1英語版について
お申込み 【お申込み】
富士経済USA資料のお申込みフォーム

【お問合わせ】
富士経済ネットワークスまで TEL:03-3664-5844

はじめに

世界の太陽電池市場は、昨年の欧州市場が減速した状況にもかかわらず、米国や日本政府が景気対策の一環として打ち出した太陽電池の促進策が、米国や日本で生産キャパシティの増強を急がせている。

米国のオバマ政権下における過去最大の投資額を含む「米国の回復と再投資法」の制定と日本での政府の太陽電池助成プログラムとがソラーエネルギーへの扉を大きく再開させている。欧州では、これに負けてはならぬと、太陽電池支援プログラム増加に乗り出している。今や、三大市場が再び活性化し市場のパイを押し拡げる展開となってきている。さらに、中東における大規模な太陽光発電所の設置の動きも見逃せない。

世界的な市場拡大を狙って、世界3位のサンテック・パワー系の尚徳電力は米国で製造工場を建設する。韓国のLG Display社は、パイロット・プラントを設置して、太陽電池生産を計画。$43ミリオンを投資する。さらにインドにおいても、独立系電力会社であるKSK Power Venture plcの傘下企業であるKSK Surya Photovoltaic VentureがApplied SunFab薄膜太陽電池製造ラインを購入し、生産に乗り出す。投資金額は5億ドルとも言われ、150MWの生産キャパシティを計画している。新興国におけるメーカーの太陽電池生産計画は、将来の市場にインパクトを与える要因になり、特にコスト面での競争が一段と激しくなると予想される。

本書は、世界市場で活発な生産増強を計画している状況を技術タイプ別に網羅。これにより、世界市場における53社のメーカー動向、技術動向、生産能力動向などが把握できる。本書の作成にあたっては、この分野の専門家、業界紙、テクニカル文献とジャーナル、それにインタビューを通して情報を収集。御社の事業のお役にたてば幸甚です。

Fuji-Keizai USA

調査対象メーカー(53社)

Big Sun Energy Technology, Central Electronics Limited (CEL), E-Ton Solar Technology, EOPLLY New Energy Technology Co. Ltd, Gintech Energy, JingAo Solar Co. Ltd, Maharishi Solar Technology Pvt. Ltd, Moser Baer Photovoltaic, Motech Industries Inc, Neo Solar Power Corporation, Polar Photovoltaics , Sinonar Corporation, Solarfun Power Holdings, Sungen (HK) Limited, Suntech Power Co., Ltd , Tianjin Jinneng Solar Cell Co.,Ltd, Udhaya Semiconductors Limited, Sulfurcell, Würth Solar, Q-Cells AG, SCHOTT Solar GmbH, ersol Solar Energy AG, Free Energy Europe, SolarWorld AG, Isofotón SA , Renewable Energy Corp, BP Solar International, Photovoltech NV SA, Photowatt International SA, Fuji Electric Co Ltd, Kaneka Corporation, Kyocera Corporation (Solar Energy Division), Mitsubishi Electric Corporation, Mitsubishi Heavy Industries (Power Systems Division), Sanyo Electric Co Ltd, Sharp Corporation (Photovoltaics Division), Showa shell Solar Co., Ltd., Canrom Photovoltaics Inc, Energy Conversion Devices Inc (ECD Ovonics) , Energy Photovoltaics Inc (EPV), Evergreen Solar Inc, First Solar Inc, Global Solar Inc, Konarka Technologies Inc., Nanosolar Inc., SunPower Corporation, Microsol International, etc.

<目次>

エグゼクティブ・サマリー

1.ワールドワイド太陽電池セル市場予測

  • 1.1 全体市場規模と地域別規模(金額) 2009 vs. 2015
  • 1.2 全体市場規模と技術タイプ別規模(金額) 2009 vs. 2015
  • 1.3 全体の生産キャパシティ(MW)と地域別生産キャパシティ(MW) 2009 vs. 2015
  • 1.4 全体の生産キャパシティ(MW)と技術タイプ別生産キャパシティ(MW) 2009 vs. 2015
  • 1.5 技術タイプ別の市場規模推移と予測
  • 図1-1:太陽電池セルの技術タイプ
  • 1.5.1 エマージング・テクノロジー
  • 表1-1:技術タイプ別の市場規模推移と予測(金額) 2009 - 2015
  • 図1-2:技術タイプ別の市場規模推移と予測(金額) 2009 - 2015
  • 1.6 地域別の市場規模推移と予測
  • 表1-2:地域別の市場規模推移と予測(金額) 2009 - 2015
  • 図1-3:地域別の市場規模推移と予測(金額) 2009 - 2015
  • 1.7 市場シェア状況(生産キャパシティ・ベース)
  • 1.7.1 地域別シェア
  • 表1-3:地域別の生産キャパシティ一覧 2009
  • 図1-4:地域別の生産キャパシティ(金額) 2009
  • 図1-5:地域別の生産キャパシティ・シェア(%) 2009
  • 1.7.2 技術タイプ別のシェア
  • 表1-4:技術タイプ別の生産キャパシティ一覧 2009
  • 図1-6:技術タイプ別の生産キャパシティ(金額) 2009
  • 図1-7:技術タイプ別の生産キャパシティ・シェア(%) 2009

2.ワールドワイド太陽電池セルの生産拠点と生産キャパシティの現状と今後の計画

  • 2.1 単結晶&多結晶シリコン
  • 表2-1:メーカー別の生産拠点
  • 表2-2:メーカー別の生産キャパシティの現状と増産計画
  • (生産品目、従業員数、2009年の生産キャパ、今後の生産キャパ、キャパ拡張の目標年、投資金額、太陽電池関連売上高、総生産キャパ)
  • 2.2 薄膜(アモルファスシリコン)
  • 表2-3:メーカー別の生産拠点
  • 表2-4:メーカー別の生産キャパシティの現状と増産計画
  • (生産品目、従業員数、2009年の生産キャパ、今後の生産キャパ、キャパ拡張の目標年、投資金額、太陽電池売上高、総生産キャパ)
  • 2.3 薄膜(CdTe, CIGS, CIS)
  • 表2-5:メーカー別の生産拠点
  • 表2-6:メーカー別の生産キャパシティの現状と増産計画
  • (生産品目、従業員数、2009年の生産キャパ、今後の生産キャパ、キャパ拡張の目標年、投資金額、太陽電池関連売上高、総生産キャパ)
  • 2.4 エマージング・テクノロジー
  • 表2-7:メーカー別の生産拠点
  • 表2-8:メーカー別の生産キャパシティの現状と増産計画
  • (生産品目、従業員数、2009年の生産キャパ、今後の生産キャパ、キャパ拡張の目標年、投資金額、太陽電池関連売上高、総生産キャパ)
  • 2.5 現状と今後における生産キャパシティのサマリー
  • 表2-9:技術タイプ別の2009年と今後の増産計画状況(MW)

3.ワールドワイド太陽電池セルの今後の生産キャパシティ予測

  • 表3-1:総生産キャパシティ規模推移と予測 (MW), 2009−2015
  • 図3-1:総生産キャパシティ規模推移と予測 (MW), 2009−2015
  • 3.1 技術タイプ別の生産キャパシティ規模推移と予測(MW) 2009−2015
  • 表3-2:単結晶&多結晶シリコン
  • 表3-3:薄膜(アモルファスシリコン)
  • 表3-4:薄膜(CdTe, VIGS, CIS)
  • 表3-5:エマージング・テクノロジー
  • 3.2 地域別の生産キャパシティ規模推移と予測(MW)2009−2015
  • 表3-6:アジア
  • 表3-7:欧州
  • 表3-8:日本
  • 表3-9:北米
  • 表3-10:その他の地域
  • 3.3 メーカー別の生産キャパシティとシェア
  • 表3-11:トップ10のメーカー別の生産キャパシティとシェア 2009 vs. 2012
  • 図3-1:トップ 10 のメーカー別の生産キャパシティとシェア2009
  • 図3-2:トップ 10 のメーカー別の生産キャパシティとシェア2012
  • 3.4 技術タイプ別の主要メーカー生産キャパシティとシェア、2009 vs. 2012
  • 表3-12:単結晶&多結晶シリコン:トップ10のメーカー別シェア
  • 表3-13:薄膜(アモルファスシリコン):トップ10のメーカー別シェア
  • 表3-14:薄膜(CdTe, CIGS, CIS):トップ10のメーカー別シェア
  • 表3-15:エマージング・テクノロジー:メーカー別シェア

4.調査結果で判明した重要点

5.太陽電池セルメーカーの拠点と生産キャパの現状と増産計画

  • 5.1 アジア(本社をアジアに置くメーカー)
  • 5.1.1 - 5.1.19 (合計19社)
  • 5.2 欧州(本社を欧州に置くメーカー)
  • 5.2.1 - 5.2.12 (合計12社)
  • 5.3 日本(本社を日本に置くメーカー)
  • 5.3.1 - 5.3.12 (合計12社)
  • 5.4 北米(本社を北米に置くメーカー)
  • 5.4.1 - 5.1.9 (合計9社)
  • 5.5 その他の地域
  • 5.5.1 (合計1社)