資料名

世界市場・業界調査
薬物療法と細胞療法の研究開発向け細胞スクリーニングツール・幹細胞・関連分析製品に関する調査

発刊日2010年02月15日体裁138ページ
申込み先富士経済ネットワークス制作富士経済USA
価格
日本語版/英語版※1
簡易製本版/送料無料142,000円+税
備考 下記に関するお問い合せは富士経済ネットワークスへご連絡下さい。
※1英語版について
お申込み 【お申込み】
富士経済USA資料のお申込みフォーム

【お問合わせ】
富士経済ネットワークスまで TEL:03-3664-5844

はじめに

本調査レポートは、幹細胞R&Dのツール及び技術製品、並びに幹細胞療法市場を調査、分析、そして予測を行うものである。調査の対象は大学、政府系研究機関、民間研究機関、癌研究所、病院、製薬会社、並びに細胞療法開発会社。これらを調査することで、幹細胞に関するR&D活動に従事するライフサイエンス分野の研究者向けに提供されている重要な機器、消耗品、試薬、ソフトウェア、並びにサービスに関する興味深い情報を堀あて提供している。

大手製薬会社は、新薬開発活動の前臨床段階で利用される細胞スクリーニングで使用するカスタムメードの疾患特定細胞の製造に万能細胞を用いることによって、より安全性の高い医薬品を開発していくオポチュニティーを探っている。細胞由来のカスタムメードの幹細胞が利用されるようになれば、医薬品の安全性テストのために現在利用されている多数の実験用動物も必要でなくなってくる。

今後5年にわたって成長体制ができあがっていく幹細胞療法市場は、ダイナミックな展開が予想され、本書では、市場のみならず幹細胞移植ビジネスの現状をも検証し、治療法の利用が可能になるタイミングについても分析、検討を加えている。

第3章の市場規模推移と展望においては、今後5年に焦点をあて、総市場の細分化、例えば幹細胞R&Dツール及び技術市場、アプリケーション別市場、疾患別市場、地域別市場、ベンダーの市場シェアを記載。幹細胞R&Dで利用されているツールや技術を含む製品のトレンドや様々な疾患や症状を治療するために台頭しつつある治療用製品も概観している。

また、2007年から2009年に見られた主要企業による提携、M&A(買収・合併)、並びに取得されたパテント情報のまとめと分析は、今後の企業戦略の方向性を示唆するもので大変興味深いものである。

本書ではマーケティング担当者、事業開発、経営陣、投資家、VC(ベンチャー・キャピタル)、コンサルタント、R&Dマネージャー、起業家などの読者を対象に執筆されたものである。戦略的提携、M&A、市場規模、セグメント別分類などの主要データの提示に当たっては40件を超える表や図を採用して理解の助けとなるようにしている。25社についても各社が焦点を当てている分野や活動状況をそれぞれまとめている。本書が御社の事業に一役を担えば幸甚である。

Fuji-Keizai USA

調査対象サブセグメント

消耗品 バルク試薬(標識、増殖因子、幹細胞培養培地、抗体、抗原、サイトカイン、プローブ等)
パッケージ試薬及びアッセイ・キット
幹細胞株
マイクロプレート、マイクロアレイ、実験器具、その他の消耗品
機器 HTS用FLIPR(Fluorometric Imaging Plate Reader蛍光測定画像解析用プレート・リーダー)
フロー・サイトメトリー、FACS(蛍光標識細胞分取)、 細胞分取、分離、並びに計数装置)
自動電気生理装置など
ハイコンテンツ分析細胞画像化及びLCM(レーザー捕捉・切除)装置など
マイクロRNAスクリーニング装置
自動細胞培養装置
マイクロアレイ及びPCR(ポリメラーゼ連鎖反応)装置
ソフトウェア アプリケーション・ソフトウェア
サービス 細胞培養サービス
幹細胞実験及び関連サポート・サービス
細胞アッセイ開発及びスクリーニング・サービス
その他 様々なバイオテクノロジー、IT/実験用DBMSインフラ等

<目次>

1.R&D向け細胞スクリーニング及び幹細胞ツールと技術市場の概観

  • 1.1 R&D及び治療法向けの細胞スクリーニング及び幹細胞ツールと技術の概観
  • 1.1.1 急成長する幹細胞分野
  • 図1.幹細胞R&D及び治療用製品市場の構造
  • 1.1.2 R&D及び治療法向け細胞スクリーニングと幹細胞ツール及び技術の定義とその歴史
  • 表1 幹細胞研究のこれまでの道のり
  • 1.1.3 細胞スクリーニング及び幹細胞R&Dツールと技術の仕組み
  • 1.1.4 幹細胞R&Dの細胞スクリーニングの対象となる疾患、症状、並びに人口
  • 表2 主要疾患の死亡率、罹患率、並びに有病率
  • 1.1.5 幹細胞R&D用ツール、技術、機器、並びに製品
  • 1.1.6 製薬R&D向けの細胞スクリーニング・アッセイ
  • 1.1.7 主要疾患のための幹細胞ベースの治療法
  • 1.2 細胞スクリーニング、幹細胞R&Dの用途
  • 1.2.1 学術的基礎研究の用途
  • 図2 PubMedに見られる幹細胞関連の調査記事数の推移
  • 1.2.2 応用研究の用途
  • 1.2.3 製薬/バイオ製薬R&Dの用途

2.主要な提携、M&A並びにIP(知的財産)

  • 2.1 主要な提携及びM&Aの概要
  • 2.1.1 提携及びM&Aの比較(半期単位)
  • 表3 提携とM&Aの活動一覧
  • 表4 提携とM&Aの活動の詳細
  • 2.2 主な提携及びM&A活動の詳細
  • 表5 提携活動 2009
  • 表6 提携活動 2008
  • 表7 提携活動2007年
  • 2.3 パテント、ビジネス状況、並びに課題
  • 2.3.1 細胞スクリーニング及び幹細胞R&D技術関連のパテントを保有する主な企業/組織
  • 表8 細胞スクリーニング及び幹細胞R&D分野でのパテント保有数上位20社
  • 表9 細胞スクリーニング及び幹細胞R&Dパテント保有数上位20学術機関
  • 2.3.2 ビジネスの進展と課題
  • 2.3.3 IP上の課題

3.ワールドワイド細胞スクリーニング及び幹細胞製品の市場と展望

  • 3.1 細胞スクリーニング及び幹細胞製品の総市場規模 2008−2013年
  • 3.1.1 総製品市場の規模と成長率
  • 図3 幹細胞製品の市場規模推移と予測
  • 表10 幹細胞製品の市場規模推移と予測
  • 3.1.2 幹細胞製品の2大セグメントの市場規模推移と予測
  • 図4 幹細胞製品の2大セグメントの市場規模推移と予測
  • 表11 幹細胞製品の2大セグメントの市場規模推移と予測
  • 3.2 幹細胞R&Dツール及び技術の市場 規模2008−2013年
  • 3.2.1 ツール及び技術セグメント
  • 図5 幹細胞R&Dツール及び技術の主要な製品セグメント別の市場規模推移と予測
  • 表12 幹細胞R&Dツール及び技術の主要な製品セグメント別の市場規模推移と予測
  • 3.2.2 調査方法
  • 3.2.3 消耗品
  • 3.2.4 機器
  • 3.2.5 ソフトウェア
  • 3.2.6 サービス
  • 3.2.7 その他
  • 3.2.8 幹細胞R&Dツール及び技術の主要な製品部門別市場シェア(2008 vs. 2013)
  • 図6 幹細胞R&Dツール及び技術の主要な製品セグメント別の市場シェア比較(2008 vs. 2013)
  • 3.2.9 幹細胞R&Dツール及び技術製品の16サブセグメントの市場規模 2008-2013年
  • 表13 幹細胞R&Dツール及び技術製品の16サブセグメントの市場規模推移と予測
  • 3.3 アプリケーション別の幹細胞R&Dツール及び技術の市場規模2008−2013年
  • 3.3.1 基礎研究
  • 図7 アプリケーション別の幹細胞R&Dツール及び技術の市場規模推移と予測
  • 表14 アプリケーション別の幹細胞R&Dツール及び技術の市場規模推移と予測
  • 3.3.2 応用R&D
  • 3.3.3 新薬発見R&D
  • 3.4 疾患別の幹細胞R&Dツール及び技術の市場規模 2008-2013年
  • 3.4.1 主な疾患セグメント
  • 図8 疾患別の幹細胞R&Dツール及び技術の市場規模推移と予測
  • 表15 疾患別の幹細胞R&Dツール及び技術の市場規模推移と予測
  • 3.4.2 癌
  • 3.4.3 心血管
  • 3.4.4 造血系疾患及び移植
  • 3.4.5 神経疾患及び脊柱損傷
  • 3.4.6 呼吸器系疾患
  • 3.4.7 肝疾患
  • 3.4.8 筋骨格疾患
  • 3.4.9 糖尿病
  • 3.4.10 その他の疾患
  • 3.5 地域別の幹細胞R&Dツール及び技術の市場規模 2008-2013年
  • 3.5.1 世界市場の主要な地域
  • 図9 地域別の幹細胞R&Dツール及び技術の市場規模推移と予測
  • 表16 地域の別幹細胞R&Dツール及び技術の市場規模推移と予測
  • 3.5.2 北米
  • 3.5.3 欧州
  • 3.5.4 日本/環太平洋アジア諸国
  • 3.5.5 その他の地域
  • 3.5.6 幹細胞R&Dツール及び技術の地域市場シェア (2009年vs. 2013年)
  • 図10 幹細胞R&Dツール及び技術の各地域の市場シェア比較 (2009年vs. 2013年)
  • 3.6 幹細胞療法の市場規模 2008-2013年
  • 3.6.1 主要な幹細胞療法市場セグメント
  • 図11 幹細胞療法の製品別市場規模推移と予測
  • 表17 幹細胞療法の製品別市場規模推移と予測
  • 3.6.2 調査方法
  • 3.6.3 現在の幹細胞移植
  • 3.6.4 近い将来の成人幹細胞ベースの治療製品
  • 3.6.5 将来のES細胞ベースの治療製品
  • 3.7 幹細胞R&Dツール及び技術ベンダーの市場シェア・ランキング 2009年
  • 表18 主要『機器』ベンダーの市場シェア・ランキング
  • 表19 主要『消耗品』ベンダーの市場シェア・ランキング

4.代表的な企業の活動状況

  • 4.1 機器プラットフォーム
  • 4.1.1−4.1.11 (合計11社)
  • 4.2 消耗品: 試薬、アッセイ、培地、細胞株
  • 4.2.1−4.2.6 (合計6社)
  • 4.3 ソフトウェア・ソリューション
  • 4.3.1 (合計1社)
  • 4.4 幹細胞スクリーニング/分析
  • 4.4.1−4.4.7 (合計7社)

5.総括と新たなビジネス・オポチュニティー

  • 5.1 細胞スクリーニング及び幹細胞R&D製品の将来
  • 5.1.1 幹細胞R&Dツール及び技術
  • 5.1.1.1 幹細胞R&D向けの消耗品、幹細胞、並びに技術
  • 表20 代表的な消耗品、試薬、並びに幹細胞
  • 5.1.1.2 幹細胞スクリーニング用機器
  • 表21 代表的な幹細胞スクリーニング用機器
  • 5.1.1.3 ソフトウェア
  • 表22 代表的な幹細胞スクリーニング用ソフトウェア
  • 5.1.1.4 サービス
  • 表23 代表的な幹細胞R&D向けサービス
  • 5.1.2 幹細胞ベースの治療法
  • 表24 幹細胞療法臨床パイプライン(臨床第2相/3相試験〜第4相試験)
  • 5.2 細胞スクリーニングと幹細胞R&Dツール及び技術の成否要因
  • 5.2.1 幹細胞意識を巡る論議の拡大で高まる幹細胞研究に対する関心や意識
  • 5.2.2 幹細胞研究の課題
  • 5.2.3 製品市場の牽引役: 政府及び民間の幹細胞R&D投資
  • 表25 世界の政府及び民間の幹細胞R&D支出
  • 5.2.4 米国の大統領選、不況、景気刺激策
  • 5.2.5 幹細胞R&Dツール及び技術企業の新ビジネスを牽引するM&A(合併・買収)
  • 表26 幹細胞R&Dツール及び技術企業による主なM&A
  • 5.3 細胞スクリーニングと幹細胞R&Dのビジネス・オポチュニティーと考察
  • 5.3.1 欧米企業にとってのビジネス・オポチュニティー
  • 5.3.1.1 幹細胞R&Dツール及び技術部門
  • 5.3.1.2 コスト削減あるいは新規顧客に向けた世界の他の地域の開拓
  • 5.3.1.3 アジアでのビジネス・オポチュニティー
  • 5.3.2 日本及びアジア企業にとっての新しいビジネス・オポチュニティー

Appendix

  • Glossary - Life Science Terms
  • Key Life Science R&D Centers
  • Table 27 Large International Life Science R&D Centers
  • R&D Tool & Tech Suppliers
  • Table 28 Cell Screening R&D Tools & Techs. Suppliers
  • Table 29 Stem Cell R&D Suppliers By Product Focus
  • Table 30 Stem Cell Therapeutic Companies