資料名

世界市場・業界調査
ジェネリック&バイオジェネリック処方薬の市場動向と方向性:
米国・欧州・日本・その他の地域市場

各市場における薬効カテゴリー別の市場規模推移、ブランドシェア、成長予測、ならびに各社のR&D活動、市場参入時期などをデータで明らかにする。

発刊日2010年03月19日体裁267ページ
申込み先富士経済ネットワークス制作富士経済USA
価格
日本語版/英語版※1
簡易製本版/送料無料170,000円+税
備考 下記に関するお問い合せは富士経済ネットワークスへご連絡下さい。
※1英語版について
お申込み 【お申込み】
富士経済USA資料のお申込みフォーム

【お問合わせ】
富士経済ネットワークスまで TEL:03-3664-5844

はじめに

米国では、価格の高いブランド医薬品は、保険でカバーされないケースが多々あり、医者も問題を避けるためにジェネリック医薬品で処方することが普通のことになりつつある。そのためか、米国市場ではジェネリック医薬品のシェアは69%にものぼる。欧州ではドイツが64%、英国61%と高いシェアを形成している。日本とはと言えば、20%にとどまっている。しかし医療代の高騰を受けて、またジェネリックに対するイメージ改善とともに、シェアをあげていくと考察される。その他の地域、特に経済成長のめざましい新興国においては、高額な薬が安価なジェネリック医薬品にとって替わるとなると、今後の市場は高い成長を形成していくのではないかと期待が高まっている。

本書は、まず、世界市場を鳥瞰した後に、個別市場−米国、欧州、日本とその他の地域市場における薬効カテゴリー別によるジェネリックとバイオジェネリック医薬品の市場規模推移、ブランドシェア、成長予測、ならびに各社のR&D活動と市場参入時期などを、データで報告し、現況と今後の動向を明らかにしている。

本調査報告書の作成にあたっては、電話インタビューおよびディスカッション、アンケート調査、ヘルスケア関係のテクニカル/ファイナンシャル・コンファレンスにおけるプレゼンテーション、およびセカンダリー・リサーチ、などを含む、さまざまなソースから収集した情報やデータを活用した。

本調査報告書は、マーケティング担当者、ビジネス・デベロップメント担当者、トップ・エグ ゼクティブ、ベンチャー・キャピタリスト、コンサルタント、R&Dマネージャー、そして起業家、といった人々のために作成された。データは200強の詳細な図表を本報告書に含めた。また、37社の企業概要を記載し、各社が注力している活動のスナップショットを読者に提供している。御社の事業のお役にたてば幸甚です。

Fuji-Keizai USA

<目次>

エグゼクティブ・サマリー

1.グローバル市場:ジェネリック&バイオジェネリック処方薬

  • 1.1 市場の概観
  • 1.1.1 ジェネリック&バイオジェネリック処方薬のヘルスケア支出
  • 1.1.2 ジェネリック&バイオジェネリック処方薬が処方される数量
  • 1.2 企業別ジェネリック&バイオジェネリック医薬の売り上げ
  • 表1-1 企業別(トップ10)のジェネリック&バイオジェネリック医薬の売り上げ、2008年
  • 図1-1 企業別ジェネリック&バイオジェネリック医薬の市場シェア、2008年
  • 1.3 カテゴリー別のジェネリック&バイオジェネリック処方薬市場
  • 共通調査項目
  • 表と説明:主要なジェネリック処方薬の売り上げ、2008年
  • 図:主要なジェネリック処方薬市場におけるブランドシェア2008年
  • 表と説明:主要ブランドのジェネリック処方薬の成長予測、2008〜2013年
  • 図:主要ブランドのジェネリック処方薬の成長予測、2008〜2013年
  • 1.3.1 アレルギー用医薬
  • 1.3.2 鎮痛剤、NSAID(非ステロイド系抗炎症薬)、および抗リウマチ剤
  • 1.3.3 麻酔剤
  • 1.3.4 抗けいれん剤
  • 1.3.5 抗感染薬
  • 1.3.6 抗癌剤
  • 1.3.7 心臓血管薬
  • 1.3.8 CNS(中枢神経系)および精神治療薬
  • 1.3.9 コレステロール低下薬/スタチン
  • 1.3.10 糖尿病薬
  • 1.3.11 胃腸薬/プロトンポンプ阻害剤
  • 1.3.12 ホルモン剤
  • 1.3.13 骨粗鬆症&高カルシウム血症薬
  • 1.3.14 睡眠薬
  • 1.3.15 その他のジェネリック処方薬
  • 1.4 世界のジェネリック&バイオジェネリック処方薬市場の成長トレンド、2008年〜2013年
  • 表1-31 企業におけるバイオジェネリック処方薬のR&D活動と市場参入時期
  • 1.5 世界のジェネリック&バイオジェネリック処方薬市場のサマリー、2008年〜2013年
  • 1.5.1 ジェネリック&バイオジェネリック処方薬の成長予測、2008年〜2013年
  • 表1-32 カテゴリー別のジェネリック&バイオジェネリック処方薬の成長予測、2008年〜2013年
  • 1.5.2 ジェネリック&バイオジェネリック医薬の処方量予測、2008年〜2013年
  • 表1-33 カテゴリー別のジェネリック&バイオジェネリック処方薬の処方量予測、2008年〜2013年
  • 1.5.3 課題、販売を促進する要因、成長抑制要因

2.米国市場:ジェネリック&バイオジェネリック処方薬

  • 2.1 市場の概観
  • 2.1.1 ジェネリック&バイオジェネリック処方薬のヘルスケア支出
  • 2.1.2 ジェネリック&バイオジェネリック処方薬が処方される数量
  • 2.2 企業別ジェネリック&バイオジェネリック医薬の売り上げ
  • 表2-1 企業別(トップ10)のジェネリック&バイオジェネリック医薬の売り上げ、2008年
  • 図2-1 企業別ジェネリック&バイオジェネリック医薬の市場シェア、2008年
  • 2.3 カテゴリー別のジェネリック&バイオジェネリック処方薬市場
  • 共通調査項目
  • 表と説明:主要なジェネリック処方薬の売り上げ、2008年
  • 図:主要なジェネリック処方薬市場におけるブランドシェア2008年
  • 表と説明:主要ブランドのジェネリック処方薬の成長予測、2008〜2013年
  • 図:主要ブランドのジェネリック処方薬の成長予測、2008〜2013年
  • 2.3.1 アレルギー用医薬
  • 2.3.2 鎮痛剤、NSAID(非ステロイド系抗炎症薬)、および抗リウマチ剤
  • 2.3.3 麻酔剤
  • 2.3.4 抗けいれん剤
  • 2.3.5 抗感染薬
  • 2.3.6 抗癌剤
  • 2.3.7 心臓血管薬
  • 2.3.8 CNS(中枢神経系)および精神治療薬
  • 2.3.9 コレステロール低下薬/スタチン
  • 2.3.10 糖尿病薬
  • 2.3.11 胃腸薬/プロトンポンプ阻害剤
  • 2.3.12 ホルモン剤
  • 2.3.13 骨粗鬆症&高カルシウム血症薬
  • 2.3.14 睡眠薬
  • 2.3.15 その他のジェネリック処方薬
  • 2.4 米国のジェネリック&バイオジェネリック処方市場の成長トレンド2008年〜2013年
  • 2.5 米国のジェネリック&バイオジェネリック処方薬市場のサマリー、2008年〜2013年
  • 2.5.1ジェネリック&バイオジェネリック処方薬の成長予測、2008年〜2013年
  • 表2-32 カテゴリー別のジェネリック&バイオジェネリック処方薬の成長予測、2008年〜2013年
  • 2.5.2 ジェネリック&バイオジェネリック医薬の処方量予測、2008年〜2013年
  • 表2-33 カテゴリー別のジェネリック&バイオジェネリック処方薬の処方量予測、2008年〜2013年
  • 2.5.3 課題、販売を促進する要因、成長抑制要因

3.欧州市場:ジェネリック&バイオジェネリック処方薬

  • 3.1 市場の概観
  • 3.1.1 ジェネリック&バイオジェネリック処方薬のヘルスケア支出
  • 3.1.2 ジェネリック&バイオジェネリック処方薬が処方される数量
  • 3.2 企業別ジェネリック&バイオジェネリック医薬の売り上げ
  • 表3-1 企業別(トップ10)のジェネリック&バイオジェネリック医薬の売り上げ、2008年
  • 図3-1 企業別ジェネリック&バイオジェネリック医薬の市場シェア、2008年
  • 3.3 カテゴリー別のジェネリック&バイオジェネリック処方薬市場
  • 共通調査項目
  • 表と説明:主要なジェネリック処方薬の売り上げ、2008年
  • 図:主要なジェネリック処方薬市場におけるブランドシェア2008年
  • 表と説明:主要ブランドのジェネリック処方薬の成長予測、2008〜2013年
  • 図:主要ブランドのジェネリック処方薬の成長予測、2008〜2013年
  • 3.3.1 アレルギー用医薬
  • 3.3.2 鎮痛剤、NSAID(非ステロイド系抗炎症薬)、および抗リウマチ剤
  • 3.3.3 麻酔剤
  • 3.3.4 抗けいれん剤
  • 3.3.5 抗感染薬
  • 3.3.6 抗癌剤
  • 3.3.7 心臓血管薬
  • 3.3.8 CNS(中枢神経系)および精神治療薬
  • 3.3.9 コレステロール低下薬/スタチン
  • 3.3.10 糖尿病薬
  • 3.3.11 胃腸薬/プロトンポンプ阻害剤
  • 3.3.12 ホルモン剤
  • 3.3.13 骨粗鬆症&高カルシウム血症薬
  • 3.3.14 睡眠薬
  • 3.3.15 その他のジェネリック処方薬
  • 3.4 欧州のジェネリック&バイオジェネリック処方薬市場の成長トレンド、2008年〜2013年
  • 表3-32 企業におけるバイオジェネリック処方薬のR&D活動と市場参入時期
  • 3.5 欧州のジェネリック&バイオジェネリック処方薬市場のサマリー、2008年〜2013年
  • 3.5.1 ジェネリック&バイオジェネリック処方薬の成長予測、2008年〜2013年
  • 表3-33 カテゴリー別のジェネリック&バイオジェネリック処方薬の成長予測、2008年〜2013年
  • 3.5.2 ジェネリック&バイオジェネリック医薬の処方量予測、2008年〜2013年
  • 表3-34 カテゴリー別のジェネリック&バイオジェネリック処方薬の処方量予測、2008年〜2013年
  • 3.5.3 課題、販売を促進する要因、成長抑制要因

4.日本市場:ジェネリック&バイオジェネリック処方薬

  • 4.1 市場の概観
  • 4.1.1 ジェネリック&バイオジェネリック処方薬のヘルスケア支出
  • 4.1.2 ジェネリック&バイオジェネリック処方薬が処方される数量
  • 4.2 企業別ジェネリック&バイオジェネリック医薬の売り上げ
  • 表4-1 企業別(トップ10)のジェネリック&バイオジェネリック医薬の売り上げ、2008年
  • 図4-1 企業別ジェネリック&バイオジェネリック医薬の市場シェア、2008年
  • 4.3 カテゴリー別のジェネリック&バイオジェネリック処方薬市場
  • 共通調査項目
  • 表と説明:主要なジェネリック処方薬の売り上げ、2008年
  • 図:主要なジェネリック処方薬市場におけるブランドシェア2008年
  • 表と説明:主要ブランドのジェネリック処方薬の成長予測、2008〜2013年
  • 図:主要ブランドのジェネリック処方薬の成長予測、2008〜2013年
  • 4.3.1 アレルギー用医薬
  • 4.3.2 鎮痛剤、NSAID(非ステロイド系抗炎症薬)、および抗リウマチ剤
  • 4.3.3 抗けいれん剤
  • 4.3.4 抗感染薬
  • 4.3.5 心臓血管薬
  • 4.3.6 CNS(中枢神経系)および精神治療薬
  • 4.3.7 コレステロール低下薬/スタチン
  • 4.3.8 糖尿病薬
  • 4.3.9 胃腸薬/プロトンポンプ阻害剤
  • 4.3.10 ホルモン剤
  • 4.3.11 睡眠薬
  • 4.3.12 その他のジェネリック処方薬
  • 4.4日本のジェネリック&バイオジェネリック処方薬市場の成長トレンド、2008年〜2013年
  • 表4-25 企業におけるバイオジェネリック処方薬のR&D活動と市場参入時期
  • 4.5 世界のジェネリック&バイオジェネリック処方薬市場のサマリー、2008年〜2013年
  • 4.5.1 ジェネリック&バイオジェネリック処方薬の成長予測、2008年〜2013年
  • 表4-26 カテゴリー別のジェネリック&バイオジェネリック処方薬の成長予測、
  • 2008年〜2013年
  • 4.5.2 ジェネリック&バイオジェネリック医薬の処方量予測、2008年〜2013年
  • 表4-27 カテゴリー別のジェネリック&バイオジェネリック処方薬の処方量予測、2008年〜2013年
  • 4.5.3 課題、販売を促進する要因、成長抑制要因

5.その他の地域市場:ジェネリック&バイオジェネリック処方薬

  • 5.1 市場の概観
  • 5.1.1 ジェネリック&バイオジェネリック処方薬のヘルスケア支出
  • 5.1.2 ジェネリック&バイオジェネリック処方薬が処方される数量
  • 5.2 企業別ジェネリック&バイオジェネリック医薬の売り上げ
  • 表5-1 企業別(トップ10)のジェネリック&バイオジェネリック医薬の売り上げ、
  • 2008年
  • 図5-1 企業別ジェネリック&バイオジェネリック医薬の市場シェア、2008年
  • 5.3 カテゴリー別のジェネリック&バイオジェネリック処方薬市場
  • 共通調査項目
  • 表と説明:主要なジェネリック処方薬の売り上げ、2008年
  • 図:主要なジェネリック処方薬市場におけるブランドシェア2008年
  • 表と説明:主要ブランドのジェネリック処方薬の成長予測、2008〜2013年
  • 図:主要ブランドのジェネリック処方薬の成長予測、2008〜2013年
  • 5.3.1 アレルギー用医薬
  • 5.3.2 鎮痛剤、NSAID(非ステロイド系抗炎症薬)、および抗リウマチ剤
  • 5.3.3 麻酔剤
  • 5.3.4 抗けいれん剤
  • 5.3.5 抗感染薬
  • 5.3.6 抗癌剤
  • 5.3.7 心臓血管薬
  • 5.3.8 CNS(中枢神経系)および精神治療薬
  • 5.3.9 コレステロール低下薬/スタチン
  • 5.3.10 糖尿病薬
  • 5.3.11 胃腸薬/プロトンポンプ阻害剤
  • 5.3.12 ホルモン剤
  • 5.3.13 骨粗鬆症&高カルシウム血症薬
  • 5.3.14 睡眠薬
  • 5.3.15 その他のジェネリック処方薬
  • 5.4 その他の地域のジェネリック&バイオジェネリック処方薬市場の成長トレンド、2008年〜2013年
  • 表5-31 企業におけるバイオジェネリック処方薬のR&D活動と市場参入時期
  • 5.5 その他の地域のジェネリック&バイオジェネリック処方薬市場のサマリー、2008年〜2013年
  • 5.5.1 ジェネリック&バイオジェネリック処方薬の成長予測、2008年〜2013年
  • 表5-32 カテゴリー別のジェネリック&バイオジェネリック処方薬の成長予測、2008年〜2013年
  • 5.5.2 ジェネリック&バイオジェネリック医薬の処方量予測、2008年〜2013年
  • 表5-33 カテゴリー別のジェネリック&バイオジェネリック処方薬の処方量予測、2008年〜2013年
  • 5.5.3 課題、販売を促進する要因、成長抑制要因

6.ジェネリック&バイオジェネリック処方薬メーカーの活動

  • 6.1〜6.37(合計37社)

7.Appendix

  • 7.1 本書で記載された企業リストとURL