資料名

世界市場・業界調査
ワールドワイド個別化医療市場動向

脚光を浴びるエマージング市場、個別化医療市場の世界的な動向を数値データと詳細な調査・分析によって、全体と個別動向を明らかにする。

発刊日2010年08月24日体裁171ページ
申込み先富士経済ネットワークス制作富士経済USA
価格
日本語版/英語版※1
簡易製本版/送料無料142,000円+税
備考 下記に関するお問い合せは富士経済ネットワークスへご連絡下さい。
※1英語版について
お申込み 【お申込み】
富士経済USA資料のお申込みフォーム

【お問合わせ】
富士経済ネットワークスまで TEL:03-3664-5844

はじめに

個別化医療(パーソナライズド医療)が脚光を浴びている。この市場は年間8.7%のペースで堅調な成長を続け、2009年の503億ドル市場から2014年には765億ドルに達すると推定されている。本市場は、3つの主要なセグメントによって構成され、中でも規模が最大のセグメントは、パーソナライズド医療用診断テストセグメント。第2に、パーソナライズド医療用特殊(esoteric)診断ラボ・サービス・セグメント。第3は、パーソナライズド医薬品セグメントとなっている。

さらにパーソナライズド医療診断テスト(特殊診断テスト用装置、および試薬などの消耗品)市場は、3つのサブセグメント、 分子診断(MDx)、コンパニオン診断(CDx)、そして高度な生体組織診断(Adv. TDx)によって構成されている。第2、第3の詳細は本書を参照。

以下WWパーソナライズド医療市場は、この重要なエマージング市場の成長を示している。

世界市場・業界調査 ワールドワイド個別化医療市場動向

本レポートは、パーソナライズド医療に欠かせない世界中のヘルスケア・センター向けに販売されている技術とツールの市場規模並びにメーカーシェアをはじめ、パーソナライズド医療用診断テスト、臨床ラボ・サービス、および治療剤市場の動向と詳細分析、さらにコンパニオン診断テスト、ソフトウエア、そしてサービスなどに関して、パーソナライズド医療市場全体と個別の動向が明らかにされている。

情報の収集にあたっては、対面面接、ディスカッション、電話インタビュー、意見調査(サーベイ)、そして、ヘルスケアに関するテクニカル&ファイナンシャル・コンファレンスにおけるビジネス・プレゼンテーション、などのプライマリー&セカンダリー情報を活用した。

本書は、マーケティング担当者、ビジネス・デベロップメント担当者、トップ・エグゼクティブ、投資家、ベンチャー・キャピタリスト、コンサルタント、R&Dマネージャー、そして起業家、などを含む人々のためにデザインされ、科目として戦略的提携、M&A、市場規模、セグメント、そして製品に関する詳細、などを含む主要データを提供する62強の図表が記載されている。本書が御社の戦略立案に一役を担えば幸甚である。

Fuji-Keizai USA

市場規模/メーカーシェア算出の対象となったパーソナライズド医療用実現技術&ツール

1 診断用バイオチップとマイクロアレイ
2 Dx次世代シーケンサー
3 Dx PCRテスト機器
4 エピジェネティック診断テスト機器
5 Dxバイオインフォマティクス
6 Dx分子イメージング
7 Dxナノバイオテクノロジー

市場展望/市場規模算出の対象になったヘルスケア科目

1 WWパーソナライズド医療市場($M)2009〜2010年
2 WWパーソナライズド医療用治療薬製品市場($M)2009〜2014年
3 WWパーソナライズド医療用診断製品市場: 診断技術別2009〜2014年
1 ゲノム技術
2 プロテオミック技術
3 バイオインフォマティクス
4 エピゲノミクス技術
5 細胞遺伝学(Cytogenetics)技術
6 ナノバイオテクノロジー(Nanobiotech)
7 レーザー・キャプチャー・マイクロダイセクション(LCM)
8 次世代シーケンサー
9 分子イメージング
10 その他の技術
4 WWパーソナライズド医療用体外診断(IVD)市場:疾病別2009〜2014年
1 感染症
2 血液検査(Blood Screening)
3 遺伝子検査
4 分子診断(MDx)による癌検査
5 高度な生体組織診断(Adv. TDx)による癌検査
5 WWコンパニオン診断テスト(IVD)&LDTラボ・サービス市場2009〜2014年
6 WWコンパニオン診断(IVD)&LDTラボ・サービス市場:疾病別2009〜2014年
1 癌
2 心臓血管疾患
3 CNS(中枢神経系)疾患
4 その他
7 パーソナライズド医療用診断(IVD)市場: 世界の地域別2009〜2014年
8 WWパーソナライズド医療用診断ラボ・サービス:疾病別2009〜2014年
1 感染症
2 血液検査
3 遺伝子検査
4 癌(MDx)
5 癌(Adv. TDx)
9 パーソナライズド医療用診断ラボ・サービス市場: 世界の地域別2009〜2014年

<目次>

第1章 パーソナライズド医療の時代:エマージング製品

  • 1.1 パーソナライズド医療の概要
  • 1.1.1 業界の一致したパーソナライズド医療の定義またはビジョン
  • 1.1.2 すでに到来しているパーソナライズド医療時代
  • 1.1.3 標的薬剤
  • 表1.1 おもな標的薬剤、2008年&2009年
  • 表1.2 開発パイプライン上にある標的薬剤とCDxテスト例
  • 1.1.4 標的薬剤とコンパニオン診断を同時開発することの重要性
  • 図1.1 FDAが理想とする医薬品と診断テストの同時開発コンセプト
  • 1.2 市場概観
  • 図1.2 パーソナライズド医療市場概観
  • 1.3 パーソナライズド医療を牽引する要因とステークホルダー
  • 1.3.1 政府
  • 1.3.2 診断業界
  • 1.3.3 医薬品メーカー
  • 1.3.4 ヘルスケア・コストの支払い元(Healthcare Payers)
  • 1.3.5 薬剤給付管理会社(PBM)
  • 1.4 治療用薬剤と診断テストの同時開発
  • 1.4.1 パーソナライズド医療のターゲットとなっている病状
  • 1.5 治療用薬剤と診断テストの同時開発の状況
  • 1.5.1 治療用薬剤と診断テストの同時開発の例
  • 表1.3 薬剤と診断テストの同時開発が行われている例
  • 1.6 薬剤と診断テストの同時開発パイプライン
  • 1.6.1 病状と満足されていない医療ニーズ
  • 表1.4 薬剤の有効率: 疾病分野別
  • 1.6.2 薬剤と診断テストの同時開発状況
  • 表1.5 薬剤と診断テストの同時開発状況: 疾病分野別
  • 1.7 政府規制に関する考察
  • 1.7.1 バイオマーカー・バリデーションに関するFDAガイダンス
  • 表1.6 サマリー: FDAの検証済みバイオマーカー
  • 表1.7 薬剤の投与前に診断を実施することが米国FDAによって義務付けられている薬剤とバイオマーカーのリスト
  • 表1.8 薬剤の投与前に診断を実施することが欧州EMAによって義務付けられている薬剤とバイオマーカーのリスト
  • 1.7.2 IVDMIAベースのテストに関するFDAガイダンス
  • 1.7.3 複雑なLDTの現状
  • 1.7.4 新しいヘルスケア「改革」ルール環境下における舵取り 
  • 1.8 保険会社による払い戻し
  • 1.8.1 診断の標準価格 vs. 価値に応じた価格設定
  • 表1.9 分子診断テストの典型的な価格帯(払戻金)
  • 表1.10 高い払戻金を得ている主な診断テスト
  • 1.8.2 高い金額の払い戻しを受けている主な診断テスト

第2章 パーソナライズド医療用の主要な実現技術&ツール並びに市場規模予測&メーカーシェア

  • 2.1 診断用バイオチップとマイクロアレイ
  • 2.1.1 パーソナライズド医療用Dxバイオチップとマイクロアレイの市場規模とメーカー
  • 表2.1 バイオチップ&マイクロアレイ市場規模予測 2009〜2014
  • 表2.2 主要メーカーの市場シェア 2009
  • 2.1.2 Alere(以前のInverness Medical)
  • 2.1.3 Agendia BV
  • 2.1.4 Roche Molecular Diagnostics
  • 2.2 パーソナライズド医療用の次世代シーケンサー
  • 2.2.1 パーソナライズド医療用Dx次世代シーケンサーの市場規模とメーカー
  • 表2.3 次世代シーケンサー(Dx用)の市場規模予測 2009〜2014
  • 表2.4 主要メーカーの市場シェア 2009
  • 2.2.2 Illumina
  • 2.2.3 Roche/454
  • 2.2.4 Life Technologies
  • 図2.1 次世代シーケンサーとパーソナライズド医療
  • 2.3 PCRテスト
  • 2.3.1 パーソナライズド医療用Dx PCRテストの市場規模とメーカー
  • 表2.5 診断用PCRテストの市場規模予測 2009〜2014
  • 表2.6 主要メーカーの市場シェア 2009
  • 2.3.2 Roche Molecular
  • 2.3.3 Qiagen NV
  • 2.3.4 Genomic Health
  • 2.4 エピジェネティック診断テスト
  • 2.4.1 パーソナライズド医療用Dxエピジェネティック・テストの市場規模とメーカー
  • 表2.7 エピジェネティック診断テスト市場の規模予測 2009〜2014
  • 表2.8 主要メーカーの市場シェア 2009
  • 2.4.2 LabCorp
  • 2.4.3 Quest Diagnostics
  • 2.4.4 Oncomethylome
  • 2.5 パーソナライズド医療用バイオインフォマティクス
  • 2.5.1 パーソナライズド医療用Dxバイオインフォマティクスの市場規模とメーカー
  • 表2.9 パーソナライズド医療用バイオインフォマティクス市場の規模予測2009〜2014
  • 表2.10 主要メーカーの市場シェア 2009
  • 2.5.2 Accelrys
  • 2.5.3 Entelos
  • 2.5.4 Microsoft Corporation
  • 2.6 分子イメージング用製品
  • 2.6.1 パーソナライズド医療用Dx分子イメージングの市場規模とメーカー
  • 表2.11 パーソナライズド医療用の分子イメージング市場規模予測 2009〜2014
  • 表2.12 主要メーカーの市場シェア 2009
  • 2.6.2 GE Healthcare
  • 2.6.3 Celera
  • 2.6.4 Avid Radiopharmaceuticals
  • 図2.2 中枢神経系(CNS)疾患を示す分子イメージング
  • 2.7 ナノバイオテクノロジー
  • 2.7.1 パーソナライズド医療用Dxナノバイオテクノロジーの市場規模とメーカー
  • 表2.13 パーソナライズド医療用ナノバイオテクノロジー市場規模予測 2009〜2014
  • 表2.14 主要メーカーの市場シェア 2009
  • 2.7.2 Roche/Ventana Medical
  • 2.7.3 Abbott Molecular
  • 図2.4 量子ドット技術を用いるバイオプイシー組織診断

第3章 パーソナライズド医療R&Dの提携(アライアンス)トレンド

  • 3.1 パーソナライズド医療R&D: 提携(アライアンス)のタイプ別
  • 表3.1 パーソナライズド医療R&Dアライアンスのサマリー:アライアンスのタイプと年次別
  • 3.2 パーソナライズド医療R&Dアライアンス: 主要な疾病別
  • 表3.2 パーソナライズド医療R&Dアライアンス: 主要な疾病別 2006〜2014
  • 3.3 パーソナライズド医療R&Dアライアンス: 主要な疾病別 2010
  • 表3.3 2010年 パーソナライズド医療R&Dに関する主要なアライアンス:主要な疾病と適応症/アプリケーション別
  • 3.4 2009年 パーソナライズド医療R&Dに関する主要なアライアンス:主要な疾病別
  • 表3.4 2009年 パーソナライズド医療R&Dに関する主要なアライアンス:主要な疾病と適応症/アプリケーション別
  • 3.5 2008年 パーソナライズド医療R&Dに関する主要なアライアンス:主要な疾病別
  • 表3.5 2008年 パーソナライズド医療R&Dに関する主要なアライアンス:主要な疾病と適応症/アプリケーション別
  • 3.6 2007年 パーソナライズド医療R&Dに関する主要なアライアンス:主要な疾病別
  • 表3.6 2007年 パーソナライズド医療R&Dに関する主要なアライアンス:主要な疾病と適応症/アプリケーション別

第4章 パーソナライズド医療をベースとしたヘルスケア市場展望

  • 4.1 世界全体におけるパーソナライズド医療市場規模:2009〜2014
  • 4.1.1 パーソナライズド医療用診断製品市場規模
  • 図4.1 WWパーソナライズド医療市場規模($M) 2009〜20104
  • 表4.1 WWパーソナライズド医療市場規模($M) 2009〜20104
  • 4.1.2 パーソナライズド医療用診断ラボ・サービス市場全体の規模
  • 4.1.3 パーソナライズド医療用治療薬製品市場全体
  • 図4.2 WWパーソナライズド医療用治療薬製品市場規模($M)
  • 表4.2 WWパーソナライズド医療用治療薬製品市場規模($M)
  • 4.2 世界全体におけるパーソナライズド医療用診断製品の規模:診断技術別、2009〜2014
  • 図4.3 WWパーソナライズド医療用診断製品市場の規模:診断技術別 2009〜2014
  • 表4.3 WWパーソナライズド医療用診断製品市場の規模:診断技術別 2009〜2014
  • 4.2.1 ゲノム技術
  • 4.2.2 プロテオミック技術
  • 4.2.3 バイオインフォマティクス
  • 4.2.4 エピゲノミクス技術
  • 4.2.5 細胞遺伝学(Cytogenetics)技術
  • 4.2.6 ナノバイオテクノロジー(Nanobiotech)
  • 4.2.7 レーザー・キャプチャー・マイクロダイセクション(LCM)
  • 4.2.8 次世代シーケンサー
  • 4.2.9 分子イメージング
  • 4.2.10 その他の技術
  • 4.3 世界全体におけるパーソナライズド医療用体外診断(IVD)市場規模:主要な疾病別、2009〜2014
  • 図4.4 WWパーソナライズド医療用体外診断(IVD)市場規模:主要な疾病別
  • 表4.4 WWパーソナライズド医療用体外診断(IVD)市場規模:主要な疾病別
  • 4.3.1 感染症
  • 4.3.2 血液検査(Blood Screening)
  • 4.3.3 遺伝子検査
  • 4.3.4 分子診断(MDx)による癌検査
  • 4.3.5 高度な生体組織診断(Adv. TDx)による癌検査
  • 4.4 世界全体におけるコンパニオン診断(CDx)製品&ラボ・サービス市場の規模:2009〜2014
  • 図4.5 WWコンパニオン診断テスト(IVD)&LDTラボ・サービス市場
  • 表4.5 WWコンパニオン診断テスト(IVD)&LDTラボ・サービス市場
  • 4.5 世界全体におけるコンパニオン診断(IVD)製品&LDTラボ・サービス市場の規模:主要な疾病別、2009〜2014
  • 図4.6 WWコンパニオン診断IVD&LDTラボ・サービス市場:主要な疾病別
  • 表4.6 WWコンパニオン診断IVD&LDTラボ・サービス市場:主要な疾病別
  • 4.5.1 癌
  • 4.5.2 心臓血管疾患
  • 4.5.3 CNS(中枢神経系)疾患
  • 4.5.4 その他
  • 4.6 パーソナライズド医療用診断製品市場:世界の地域別
  • 図4.7 パーソナライズド医療用診断(IVD)市場:世界の地域別
  • 表4.7 パーソナライズド医療用診断(IVD)市場:世界の地域別
  • 4.7 世界全体におけるパーソナライズド医療用診断ラボ・サービス市場の規模:疾病別、2009〜2014
  • 図4.8 WWパーソナライズド医療用診断ラボ・サービス:主要な疾病別
  • 表4.8 WWパーソナライズド医療用診断ラボ・サービス:主要な疾病別
  • 4.7.1 感染症
  • 4.7.2 血液検査
  • 4.7.3 遺伝子検査
  • 4.7.4 癌(MDx)
  • 4.7.5 癌(Adv. TDx)
  • 4.8 世界全体におけるパーソナライズド医療用診断ラボ・サービス市場:地域別
  • 表4.9 WWパーソナライズド医療用診断ラボ・サービス市場:地域別
  • 図4.9 WWパーソナライズド医療用診断ラボ・サービス市場:地域別
  • 4.8.1 北米
  • 4.8.2 欧州
  • 4.8.3 アジア太平洋/日本
  • 4.8.4 ROW(他の地域)

第5章 主要企業の概要

  • 共通調査項目
  • a.コンタクト情報
  • b.キーとなるビジネス情報
  • c.企業概要、技術、主要製品
  • d.提携、戦略、M&A
  • e.パテント、マイルストーン、資金調達、その他
  • 5.1 バイオマーカー発見
  • 5.1.1−5.1.4 (合計4社)
  • 5.2 診断ラボ・サービス
  • 5.2.1−5.2.4 (合計4社)
  • 5.3 装置プラットフォーム&ソフトウエア
  • 5.3.1−5.3.8 (合計8社)
  • 5.4 薬剤給付管理会社(PBM-Pharmacy Benefit Managers)
  • 5.4.1 (合計1社)
  • 5.5 分子診断
  • 5.5.1−5.5.14 (合計14社)

第6章 主要な調査結果およびパーソナライズド医療分野におけるビジネス・チャンス

  • 6.1 主要な調査結果
  • 6.2 パーソナライズド医療用の新しい薬剤と診断テスト・コンビネーションの見通し
  • 6.3 薬剤と診断テストの同時開発における成功と失敗要因
  • 6.4 パーソナライズド医療用薬剤&診断テストの同時開発とコマーシャル市場

第7章 Appendix

  • 7.1 Glossary: Drug/ Diagnostic Co-Development for Personalized Medicine
  • Table 7.1. Glossary of Personalized Medicine Terms
  • 7.2 Diagnostics Company Contacts
  • Table 7.2. Diagnostic Companies
  • 7.3 Drug Company Contacts
  • Table 7.3 Drug Companies
  • 7.4 Government Contacts
  • Table 7.4 Government Organization
  • 7.5 Industry Advocacy Groups
  • Table 7.5 Industry Groups
  • 7.6 Major Disease Population Sizes
  • Table 7.6 Estimated Patient Populations by Disease in the Developed World
  • Table 7.7. Top Health Risk Factors Leading to Death in the Developed World