資料名

米国&欧州市場・業界調査
米国&欧州バイオマテリアル/バイオメディカル・デバイス市場

18セグメントにおける個別市場の現況と動向ならびに次世代デバイスの将来動向に関し、33企業と16のアカデミック機関を徹底調査し、マテリアルとデバイス市場を明らかにする。

発刊日2010年11月05日体裁164ページ
申込み先富士経済ネットワークス制作富士経済USA
価格
日本語版/英語版※1
簡易製本版/送料無料142,000円+税
備考 下記に関するお問い合せは富士経済ネットワークスへご連絡下さい。
※1英語版について
お申込み 【お申込み】
富士経済USA資料のお申込みフォーム

【お問合わせ】
富士経済ネットワークスまで TEL:03-3664-5844

はじめに

この市場には、これまでに確立された技術とより新しいエマージング技術をベースにしたバイオメディカル/バイオ工学コンポーネントによって構成されたものとがある。患者の幹細胞由来のコンポーネントもしばしば利用される。本書は両方をみていく報告書になっている。

市場は、患者人口の増加要因もあるが、新たな細胞工学や再生医療をベースとしたアプローチの進化にともない、市場を5年、10年のスパンでみていくと、堅実に成長していく市場となっている。

 米国+欧州バイオマテリアル/バイオメディカル・デバイス市場($ Millions)

図:米国+欧州バイオマテリアル/バイオメディカル・デバイス市場($ Millions)

    Source:FKU

本書で調査対象とした製品セグメントは、以下の18である。この個別製品市場については、市場予測、メーカーシェア、新製品(コマーシャル化が期待されている次世代製品)と市場に新規参入している企業、使用バイオマテリアル、市場成長要因、そして参入企業の主要情報について調査している。

人工歯と歯根、人工骨、人工関節、人工血管/ステント、人工腎臓、人工心臓、人工心臓弁、ペースメーカー、人工膵臓、人工肝臓、人工気管、人工食道、人工膀胱、人工脳細胞、人工骨髄、人工角膜、人工椎間板、人工皮膚

本書作成にあたっては、業界動向、トレンド評価、市場予測と競合分析の基盤を固めるため、企業の代表者、およびその他のエキスパートとのインタビューを実施した。平行して企業の実績報告&申請書類、政府文書、司法関連の提出書類、業界誌、新聞、ビジネス関連の出版物、アナリストのレポート、およびその他のソース、などを含むさまざまな刊行物や出版物から情報を収集した。

本書が御社の事業に一役を担えば幸甚である。

Fuji-Keizai USA

Target 33 Companies

Abbott Laboratories, Abiomed, Addition Technology, ATS Medical, Braun Melsungen AGBiomet, Biotronik AG, Boston Scientific, B. Dentsply, Edwards Life Sciences, Integra Life Sciences, Johnson & Johnson, Kinetic Concepts, Medtronic, Mesoblast, Nobel Biocare,Ophtec, Organogenesis, ReNeuron, SanBio, Smith & Nephew, Sorin, St. Jude Medical, Straumann, Stryker, SynCardia, Synthes, Tengion, Theregen, ViacCyte, Wright Medical Technology, Zimmer, Zoll Medical Corp.

Target 16 Universities

Chiba University, Columbia University, Georgia Tech, Indian Institute of Technology, Kharagpur, Johns Hopkins University, Karolinska Institute, Newcastle University, Shahid Beheshti University of Medical Sciences, Stanford University, University of California, Los Angeles(UCLA), University of Gothenburg, University of Pittsburgh,University of Michigan, University of Texas at Austin, University of Washington,Wake Forest University

<目次>

エグゼクティブ・サマリー

  • 1.米国とEUにおける現行、および次世代のバイオマテリアル/バイオメディカル・デバイスの規制
  • 1.1 現行の規制
  • 表1.1 メディカル・デバイス・メーカーによる報告義務、2010年
  • 1.1.1 オバマ・ヘルスケア改革
  • 1.2 将来の規制
  • 2.現行および次世代のバイオマテリアル/バイオメディカル・デバイスの概観
  • 2.1 業界の概観
  • 表2.1 バイオマテリアル/バイオメディカル・デバイス市場セグメントと売上高と成長率比較:2009-2014 vs. 2015-2020
  • 2.2 市場で活動している企業の概要
  • 表2.2 バイオマテリアル/バイオメディカル・デバイス分野における主要企業(大手企業&エマージング企業)‐2010年
  • 2.3 技術の概観
  • 表2.3 バイオマテリアル/バイオメディカル技術(すでに確立されている技術、およびエマージング技術)のサマリー:市場セグメント別‐2010年
  • 2.4 市場の成長状況の概観
  • 表2.4 バイオマテリアル/バイオメディカル技術(すでに確立されている技術、およびエマージング技術)のサマリー:市場セグメント別の患者人口規模/増加率‐2010年
  • 3.米国とEUにおける現行および次世代のバイオマテリアル/バイオメディカル・デバイス市場
  • 3.1  米国とEUにおける、現行および次世代のバイオマテリアル/バイオメディカル・デバイス市場規模と成長予測:2009〜2014
  • 表3.1 全体市場規模と成長予測 2009〜2014
  • 表3.2 地域別市場規模と成長予測 2009〜2014
  • 3.2  米国とEUにおける、現行および次世代のバイオマテリアル/バイオメディカル・デバイス市場規模と成長予測 2015〜2020
  • 表3.3 市場規模と成長予測 2015〜2020
  • 3.3  米国とEUにおける、現行および次世代のバイオマテリアル/バイオメディカル・デバイス市場規模と成長予測 企業別
  • 表3.4 市場規模と成長予測 企業別 2009年
  • 図3.1 市場シェア− 企業別 2009年
  • 3.4 Uにおけるバイオマテリアル/バイオメディカル・デバイス企業の市場シェア−企業別2009年、および2010年(見込み)
  • 表3.5 市場シェア−企業別 2009年、および2010年
  • 図3.2 市場シェア−企業別 2009年、および2010年
  • 4.米国とEUにおける現行および次世代のバイオマテリアル/バイオメディカル・デバイスのセグメント別市場 2009〜2014年
  • 表4.1 市場規模−市場セグメント別予測 2009〜2014年
  • 図4.1 市場シェア−市場セグメント別規模 2009年
  • 図4.2 市場シェア−市場セグメント別規模 2014年
  • 表4.2 市場規模−市場セグメント別予測 2015〜2020年
  • 図4.3 市場シェア−予測−市場セグメント別規模 2020年
  • 4.1 人工歯&歯根/インプラント
  • 4.1.1 市場予測 2009〜2014年
  • 4.1.2 メーカーシェア
  • 表4.3 メーカーシェア 2009年と2010年
  • 4.1.3 新製品(コマーシャル化が期待されている次世代製品)と市場に新規参入
  • している企業
  • 4.1.4 使用マテリアル
  • 4.1.5 市場成長要因
  • 4.1.6 参入主要企業に関するおもな情報
  • 表4.4 企業情報
  • 4.2 人工骨(調査項目は上記同様)
  • 4.3 人工関節(調査項目は上記同様)
  • 図4.4 人工膝、人工股関節、そして人工肩関節製品の例(Zimmer)
  • 4.4 人工血管(調査項目は上記同様)
  • 4.5 人工腎臓(調査項目は上記同様)
  • 4.6 人工心臓(調査項目は上記同様)
  • 図4.5 CardioWestとAbiomedの人工心臓製品
  • 4.7 人工心臓弁(調査項目は上記同様)
  • 4.8 ペースメーカー(調査項目は上記同様)
  • 4.9 人工膵臓(調査項目は上記同様)
  • 図4.6 人工膵臓をサポートする連続血糖モニタリング・システム
  • 4.10 人工肝臓(調査項目は上記同様)
  • 図4.7 体外人工肝臓
  • 4.11 人工気管(調査項目は上記同様)
  • 4.12 人工食道(調査項目は上記同様)
  • 4.13 人工膀胱(調査項目は上記同様)
  • 図4.8 人工膀胱開発プロセスの概要
  • 4.14 人工脳細胞(調査項目は上記同様)
  • 4.15 人工骨髄(調査項目は上記同様)
  • 4.16 人工角膜(調査項目は上記同様)
  • 4.17 人工椎間板(調査項目は上記同様)
  • 図4.9 CHARITE人工椎間板
  • 4.18 人工皮膚 (調査項目は上記同様)
  • 5.現行、および次世代のバイオマテリアル/バイオメディカル・デバイスのディストリビューション
  • 5.1 業界構造
  • 5.2 ディストリビューション
  • 6.バイオマテリアル/バイオメディカル企業の戦略
  • 6.1 戦略的提携、M&A、知的所有権
  • 表6.1 最近の重要な提携とM&A
  • 表6.2 重要な特許訴訟(解決済み、または未決定のケース)
  • 6.2 次世代製品のR&D活動とコマーシャル化の可能性
  • 表6.3 近い将来にコマーシャル化が見込まれている主要な製品
  • 6.3 バイオマテリアル/バイオメディカル・デバイス企業の概要
  • 6.3.1-6.3.33 Total 33 Companies
  • 7.大学のR&Dセンターで開発されている現行および次世代のバイオマテリアル/バイオメディカル・デバイス
  • 7.1-7.16 Total 16 Universities
  • 8.重要な調査結果、および、ビジネス・チャンスを生かすための提案
  • 8.1  米国とEUにおいて、すでに基盤が確立されているバイオマテリアル/バイオメディカル・デバイス市場−セグメント別
  • 図8.1 すでに基盤が確立されている市場における潜在需要、市場の成長度、そして競合度の比較 2010年
  • 8.2  米国とEUにおける、エマージング・バイオマテリアル/バイオメディカル・デバイス市場−セグメント別
  • 図8.2 エマージング市場における科学的理解度、市場の成長度、そして競合度の比較 2010年
  • 9.APPENDIX
  • 9.1 本報告書で言及した企業
  • 表9.1 主要なバイオメディカル・デバイス企業のリスト