資料名

米国市場・業界調査
米国ワイヤレスパワー:R&D競合状況、用途開発、商業市場、今後の展開

関連企業ならびに専門家へのインタビュー取材で得た新たな産業ガイドラインをベースにワイヤレス充電を徹底調査し、現状と今後の見通しを明らかにする。

発刊日2010年11月10日体裁95ページ
申込み先富士経済ネットワークス制作富士経済USA
価格
日本語版/英語版※1
簡易製本版/送料無料142,000円+税
備考 下記に関するお問い合せは富士経済ネットワークスへご連絡下さい。
※1英語版について
お申込み 【お申込み】
富士経済USA資料のお申込みフォーム

【お問合わせ】
富士経済ネットワークスまで TEL:03-3664-5844

はじめに

ワイヤレス充電または給電はワイヤレス技術の進化の過程で必然的に現れる技術と言ってよい。プラグやコードを使用せずに電源から電気機器に電力をワイヤレスに送出する技術は、科学と高出力デジタル・エレクトロニクスの合体で実現する、非常に21世紀的な技術である。ワイヤレス充電は今後10年で目覚ましい発達を遂げる新産業になる可能性が期待されている。

ワイヤレス充電技術の効率が高まり、また、その他の設計の効率化やトレンド(スマート・グリッド等)が奏功してアプリケーション側の消費電力量が減少していく中、ある時点でこの2つが出会い、全く新しい魅力的なアプリケーションが家庭や車両、そして産業用に創出されることになるだろう。家庭では何百Wもの電力が簡単に手に入るようになり、消費者向け充電パッドは元より、それより遙かに大がかりなレーザー・パワー・ビーミングまで、メガワットに及ぶワイヤレス充電用途が様々な業界から提供されるようになると予測される。

米国市場・業界調査 米国ワイヤレスパワー:R&D競合状況、用途開発、商業市場、今後の展開

    Source:Fuji-Keizai USA Inc.

限定的ながらもワイヤレス充電は現在既に利用されている。『電力』はまだ壁のコンセント(あるいは発電機)から受けなければならないため、既存の商業用ソリューションは配電絡みに限られる。

そのため、R&Dの研究段階から商業化へと技術移転が進む中、本稿では先ずワイヤレス充電の現状から見ていく。そして、競合する様々な技術と、ハンドヘルドから電気自動車や大型産業装置、バッテリー不要の電力を必要とするワイヤレス・センサーに到るエレクトロニクス主導の製品への応用市場の可能性を探っていく。本稿で見ていくのは以下の項目である:

・主要なワイヤレス充電技術開発会社と、それとは異なったワイヤレス電力伝送(WPT: wireless power transfer)技術や商業製品を開発している企業とのR&D競合状況、及び商業化活動を対象企業19社で概観する。

・第一世代近接電磁誘導式システムに関する規制上の課題や規格化活動、そしてRFベース及びレーザー・パワー・システム、より高周波の電磁界共振結合テクニックによるワイヤレス電力伝送の見通し。

・ワイヤレス充電技術搭載の新世代および次世代ハードウェア製品に向けたOEM(相手先ブランドでの製造・販売)にとってのオポチュニティーと課題。

・現在の、そして今後予想される成長市場とワイヤレス充電の新技術や発明に向けて台頭しつつあるキラー・アプリケーション。

御社の事業に役立てれば幸甚である。

Fuji-Keizai USA

本書の構成:

  1. 政府による規制と優遇プログラム
  2. 進行中の商業化を目指したR&Dと開発動向
  3. ワイヤレス・エネルギーのコンセプト、技術、並びにトレンド
  4. 商業用ワイヤレス充電のアップリケーションと利用事例
  5. システム開発会社事例
  6. ワイヤレス充電技術開発に携わるその他の企業(大手企業の社内R&D、OEM、コンポーネント・サプライヤー、太陽充電スタートアップ)
  7. 市場予測: 生産の見込みと将来予測
  8. 大学のR&Dセンターと活動内容
  9. 重要事項と提案

<目次>

  • 1.政府による規制と優遇プログラム
  • 1.1 FCCのワイヤレス充電に関する見方
  • 表1-1 非接触またはワイヤレス充電装置関連のFCC規則
  • 1.2 ワイヤレス充電とスマート・グリッド(SG):SGとの組み合わせ計画
  • 1.3 過去及び現在のワイヤレス充電技術に関する連邦プログラム及びイニシアティブ
  • 1.3.1 民間の宇宙太陽光発電
  • 1.3.2 NASAの『パワー・ビーミング』革新インキュベーター
  • 2.進行中の商業化を目指したR&Dと開発動向
  • 2.1 新世代及び次世代ハードウェア製品に関するメーカーの課題
  • 表2-1 OEMのロードマップ
  • 2.2 規格:現在及び将来
  • 2.2.1 低出力電磁誘導式充電のためのWPC規格
  • 表2-2 WPC加盟企業
  • 表2-3 WPCの中〜高出力規格のロードマップ
  • 2.2.2 UL安全性規格
  • 2.2.3 CEAの活動
  • 2.2.4 電気自動車
  • 2.2.5 その他の規格:レーザー電力及びRF環境発電
  • 3.ワイヤレス・エネルギーのコンセプト、技術、並びにトレンド
  • 3.1 実現の可能性がある技術の範囲
  • 3.2 接触型 対 非接触型システム
  • 表3-1 技術の特徴比較
  • 3.2.1 コンダクティブ式充電(接触型システム)
  • 3.2.2 電磁誘導式充電(短距離用非接触型システム)
  • 3.2.3 電磁界共振結合式充電(中距離用非接触型システム)
  • 3.2.4 RFベースのワイヤレス充電(長距離用非接触型システム)
  • 3.2.5 レーザー・パワー・ビーミング(長距離用非接触型システム)
  • 3.3 到達距離と効率
  • 3.3.1 短距離ワイヤレス充電技術と今後の見通し:主な参入企業、開発現況、並びに商業生産に向けた取り組み
  • 表3-2 短距離ワイヤレス充電技術とロードマップ
  • 3.3.2 より長距離のワイヤレス電力伝送技術と今後の見通し:主な参入企業、開発現況、並びに商業生産に向けた取り組み
  • 表3-3 長距離ワイヤレス充電システムとロードマップ
  • 3.3.3 中継局:技術動向
  • 3.4 環境アセスメント及び人的影響に関する各社の見解
  • 表3-4ワイヤレス充電システム開発会社の安全性表明
  • 3.5 コスト上の利点
  • 4.商業用ワイヤレス充電のアプリケーションと利用事例
  • 4.1 コンシューマ・エレクトロニクス市場(特定製品と注目製品)
  • 表4-1 用途と製品
  • 4.1.1 利用シナリオ
  • 4.2 自動車/車両市場(特定製品と注目製品)
  • 表4-2 用途と製品
  • 4.2.1 利用シナリオ
  • 4.3 産業オートメーション及び重機市場(特定製品と注目製品)
  • 表4-3 用途と製品
  • 4.3.1 利用シナリオ
  • 4.4 エネルギー市場(特定製品と注目製品)
  • 表4-4 用途と製品
  • 4.4.1利用シナリオ
  • 図4-1 Solar Ease:従来型とワイヤレス・ソーラー・パネル・システムの比較図
  • 4.5 センサー及びトランスデューサー市場(特定製品と注目製品)
  • 表4-5 用途と製品
  • 4.5.1 利用シナリオ
  • 4.6 医療/ヘルスケア市場(特定製品と注目製品)
  • 表4-6 用途と製品
  • 4.6.1 利用シナリオ
  • 4.7 その他のワイヤレス充電製品市場(特定製品と注目製品)
  • 表4-7 用途と製品
  • 4.7.1 利用シナリオ
  • 5.システム開発会社事例:
  • 開発活動を展開中、製品を既に生産中、あるいはプロトタイプを制作中の注目企業
  • 共通調査項目
    a 生産またはR&D施設の概要
    b 生産またはR&Dのテーマと目的(技術、用途など)
    c 生産状況またはR&Dステージと商業化予定
    d 生産及び販売状況、または今後の販売の見込み
    e 開発者の見解:規制面、技術面、並びにビジネス上の主要課題
    f 今後の市場の見通し
    g 今後の製品、装置
    h キラー・アプリケーション
    i コメント、特記事項
  • 5.1 - 5.11(合計11社)
  • 6.ワイヤレス充電技術開発に携わるその他の企業
    (大手企業の社内R&D、OEM、コンポーネント・サプライヤー、太陽充電スタートアップ)
  • 共通調査項目
    a コンタクト情報または企業概要
    b 技術または製品の開発テーマ、または目的(技術内容、用途など)
    c 戦略提携先、パートナー
    d 最近のホット・ニュース
    e 当社の見解:キラー・アプリケーションNo.1〜No.3
    f キラー・テクノロジーとそのアプリケーションNo.1〜No.3
    g コメント:市場に関する見方/成長阻害要因
  • 6.1 大手企業の見解
  • 6.1.1 - 6.1.5 (合計5社)
  • 6.2 太陽充電(消費者向けワイヤレス充電市場のサブセット)
  • 6.2.1 - 6.2.3 (合計3社)
  • 7.市場予測:生産の見込みと将来予測
  • 7.1 市場規模予測
  • 7.1.1 総市場 2010-2015年
  • 表7-1 総市場規模予測 2010-2015年
  • 図7-1 総市場規模予測 2010-2015年
  • 7.1.1.1 リサーチャー分析
  • 7.1.2 ワイヤレス充電の用途(現在の市場化状況と今後の見通し)
  • 表7-2 技術及び用途別市場化現況と今後の見通し (2010-2015年)
  • 表7-3 用途別市場シェア:2010〜2012年
  • 図7-2 用途別市場シェア:2010〜2012年
  • 7.1.2.1 リサーチャー・コメント
  • 表7-4 技術別市場シェアに関するコメント (2010〜2012年)
  • 7.1.2.2 リサーチャー・コメント
  • 7.1.3 企業別ワイヤレス充電製品投入状況(商業市場中心)
  • 表7-5 商業市場に焦点を当てた技術及び企業:2010-2015年
  • 7.1.3.1 リサーチャー・コメント
  • 7.1.4 市場、企業、並びに予想製品で見たワイヤレス充電製品(産業市場中心)
  • 表7-6 技術、用途、並びに企業別に焦点をあてた業界/市場予測 (2010〜2021年)
  • 7.1.4.1 リサーチャー・コメント
  • 7.1.5 ワイヤレス充電技術をサポートする成長製品/機器の市場データ
  • 表7-7 ワイヤレス充電技術をサポートする成長製品/機器の市場データ
  • 7.2 マスプロダクション牽引要因と成長抑制要因
  • 7.2.1 成長牽引要因
  • 7.2.2 成長抑制要因
  • 8.大学のR&Dセンターと活動内容
  • 共通調査項目
    a コンタクト情報
    b 技術
    c R&Dテーマ、目的、発明(名称、内容など)
    d 用途の焦点
    e R&D提携先
    f 特記事項/コメント
  • 8.1 - 8.4(合計4大学)
  • 9.重要事項と提案