資料名

米国&欧州市場・業界調査
米国と欧州におけるティッシュエンジニアリング関連ツールと分析機器市場の最新動向と将来性

細胞関連ツールおよび解析用製品市場に関して、4セグメント/18の関連機器・製品市場調査を通して、成長が予想されるティッシュエンジニアリング関連ツールと分析機器市場動向を明らかにする。

発刊日2011年02月18日体裁122ページ
申込み先富士経済ネットワークス制作富士経済USA
価格
日本語版/英語版※1
簡易製本版/送料無料142,000円+税
備考 下記に関するお問い合せは富士経済ネットワークスへご連絡下さい。
※1英語版について
お申込み 【お申込み】
富士経済USA資料のお申込みフォーム

【お問合わせ】
富士経済ネットワークスまで TEL:03-3664-5844

はじめに

先進国におけるティッシュエンジニアリング、幹細胞研究、そしてバイオメディカル・デバイス・リサーチの拡張にともない、細胞関連ツールおよび解析用製品市場は大規模、かつダイナミックな動きを示している。この市場は今後、堅調な成長が続くと予想される。

本報告書は、成長市場シリーズの一環として、米国と欧州地域における細胞関連のツールおよび解析機器市場のレビューと分析を行い、2015年までの5年間におけるティッシュエンジニアリング関連ツールと分析機器において、何がどのレベルで、誰が成長市場を形成していくのかを明らかにする。それには、現行および新興の製品デベロッパーによる新製品開発活動、競合状況、そして企業戦略など、多岐にわたる調査をおこなった。

調査対象には、以下の製品セグメントが含まれる。

  • 細胞関連のツール、および解析用製品
  • 細胞スクリーニング・ツール、および幹細胞関連の解析用製品
  • ティッシュエンジニアリング用の細胞培養機器
  • ティッシュエンジニアリング用の試薬

なお、本報告書の作成にあたっては、企業の業績報告書、申告/出願文書、政府文書、法律文書、業界誌、新聞、ビジネス関連紙、アナリストのレポート、およびその他のソースを含む広範囲にわたる出版物ソースから情報を収集。同時に並行して、市場予測および競合分析の基礎とするために、業界関係者、エキスパートとのインタビューをおこなった。

100強の詳細な図表を記載した本報告書が役立てれば幸甚です。

Fuji-Keizai USA

 対象機器と製品:

細胞関連ツールと解析用製品 フローサイトメーター
ハイスループット蛍光イメージングプレートリーダー(FLIPR)
自動パッチクランプ・デバイス
ハイコンテントスクリーニング/解析(HCS/A)用イメージングサイトメトリー
レーザーキャプチャーマイクロダイセクション(LCM)デバイス
RNAiスクリーニング機器
細胞スクリーニング・ツール、幹細胞、並びに関連分析製品 幹細胞株
マイクロアレイ、マイクロプレート、並びに関連の実験器具
マイクロRNAスクリーニング機器
ティッシュエンジニアリング用の細胞培養機器 遠心機
CO2インキュベーター
超低温フリーザー
アイソレーター
細胞内イメージング・システム
ティッシュ・スライサー
細胞自動培養機器
ティッシュエンジニアリング用の試薬 血清
トランスフェクション試薬

<目次>

エグゼクティブ・サマリー

1.市場サマリー

  • 1.1 売上高と予測
  • 1.1.1 市場セグメント別の売り上げ
  • 表 ティッシュエンジニアリング&幹細胞アプリケーション用機器および材料の売り上げ実績と予測(セグメント別) 2010−2015
  • 図 ティッシュエンジニアリング&幹細胞アプリケーション用機器および材料の売り上げ実績と予測(セグメント別) 2010−2015
  • 1.1.2 主要メーカー別による売上高
  • 表 ティッシュエンジニアリング材料と機器の売り上げ(企業別)、2010
  • 図 ティッシュエンジニアリング用材料&機器メーカーのシェア、2010
  • 1.2 細胞関連の解析用製品市場のロードマップ

2.細胞関連製品業界および市場概要

  • 2.1 細胞
  • 2.1.1 細胞培養(Cell Culture)
  • 2.1.2 細胞操作(Cell Manipulation)
  • 2.2 幹細胞(Stem Cells)
  • 表:幹細胞リサーチのマイルストーン
  • 2.2.1 ES細胞
  • 2.2.1.1 ES細胞の採取
  • 2.2.2 成体幹細胞(ASCまたはAdult Stem Cell)
  • 2.2.2.1 成体幹細胞(ASC)の採取
  • 2.2.2.2 iPS細胞
  • 2.2.3 臍帯血幹細胞
  • 2.2.3.1 臍帯血幹細胞の採取

3.幹細胞とティッシュエンジニアリング分野に関する政府規制

  • 3.1 政府規制と法律制定
  • 3.1.1 幹細胞関連の法律
  • 表:幹細胞リサーチに関する米国の法律(州別)、2010
  • 3.1.2 米国のヘルスケア改革(オバマケア)
  • 3.2 幹細胞&ティッシュエンジニアリング・リサーチに取り組んでいる政府プロジェクト、および民間企業が参加する政府プロジェクトとアカデミック・リサーチ・センター
  • 表:連邦政府の補助金供与を受けている主な幹細胞/ティッシュエンジニアリングプロジェクト

4.米国と欧州における現行および次世代ティッシュエンジニアリング機器&材料市場

  • 表:ティッシュエンジニアリング機器&材料市場規模と予測(セグメント別)、2010−2015
  • 図:セグメント別の市場シェア、2010
  • 図:セグメント別の市場シェア、2015
  • 4.1 ティッシュエンジニアリング用の細胞関連ツールと解析用製品
  • 表:細胞関連ツール&解析用製品市場の規模と予測(セグメント別)、2010−2015
  • 4.1.1 フローサイトメーター
  • 1)市場概要
  • 2)主要なサプライヤー(表形式)
  • 共通調査項目
    ・企業名
    ・コンタクト
    ・企業形態
    ・2010売上高
    ・リーサーチャーの数
    ・製品とテクノロジー開発活動
    ・コマーシャル化製品
    ・今後の売上高の見通し
    ・アライアンス&パートナー
  • 3)ティッシュエンジニアリング用機器の市場規模と予測、2010−2015
  • 4)ティッシュエンジニアリング用機器のメーカーシェア、2010
  • 5)ディストリビューション
  • 6)製品と技術の特徴
  • 4.1.2 ハイスループット蛍光イメージングプレートリーダー(FLIPR)
  • (上述した調査項目に準じる)
  • 4.1.3 自動パッチクランプ・デバイス
  • (上述した調査項目に準じる)
  • 4.1.4 ハイコンテントスクリーニング/解析(HCS/A)用イメージングサイトメトリー
  • (上述した調査項目に準じる)
  • 4.1.5 レーザーキャプチャーマイクロダイセクション(LCM)デバイス
  • (上述した調査項目に準じる)
  • 4.1.6 RNAiスクリーニング機器
  • (上述した調査項目に準じる)
  • 4.2 ティッシュエンジニアリング用細胞スクリーニング・ツール、幹細胞、並びに関連分析製品
  • 表:細胞スクリーニング・ツール、幹細胞、及び関連分析製品の市場規模と予測 2010―2015
  • 4.2.1 幹細胞株
  • (上述した調査項目に準じる)
  • 4.2.2 マイクロアレイ、マイクロプレート、並びに関連の実験器具
  • (上述した調査項目に準じる)
  • 4.2.3 マイクロRNAスクリーニング機器
  • (上述した調査項目に準じる)
  • 4.3 ティッシュエンジニアリング用細胞培養機器
  • 表:ティッシュエンジニアリング用細胞培養機器: 市場規模と成長予測、2010−2015
  • 4.3.1 遠心機
  • (上述した調査項目に準じる)
  • 4.3.2 CO2インキュベーター
  • (上述した調査項目に準じる)
  • 4.3.3 超低温フリーザー
  • (上述した調査項目に準じる)
  • 4.3.4 アイソレーター
  • (上述した調査項目に準じる)
  • 4.3.5 細胞内イメージング・システム
  • (上述した調査項目に準じる)
  • 4.3.6 ティッシュ・スライサー
  • (上述した調査項目に準じる)
  • 4.3.7 細胞自動培養機器
  • (上述した調査項目に準じる)
  • 4.4 ティッシュエンジニアリング用試薬
  • (上述した調査項目に準じる)
  • 4.4.1 血清
  • (上述した調査項目に準じる)
  • 4.4.2 トランスフェクション試薬
  • (上述した調査項目に準じる)

5.調査結果で得た重要な発見とビジネス・オポチュニティーに関する提案/推奨事項

  • 5.1 セグメント別の市場オポチュニティー
  • 図 細胞関連ツール及び分析機器の相対的潜在需要、市場成長性、並びに競合度の関係、2010
  • 5.2 成長オポチュニティー

6.Appendix

  • 6.1 本書に記載した主要なエマージング・バイオメディカルデバイス企業
  • 表 主要なセル関連機器と製品メーカーのWEBサイト