資料名

米国市場・業界調査
米国の医療情報技術市場トレンドと今後の方向性 2010-2016

成長市場が約束される医療IT分野を現場である病院、医師、患者の視点で明らかにされる方向性を汲み取って、関連企業の技術・アプリケーション・サービスの現状と今後を究明する。

発刊日2011年09月12日体裁156ページ
申込み先富士経済ネットワークス制作富士経済USA
価格
日本語版のみ※1
簡易製本版/送料無料98,000円+税
備考 下記に関するお問い合せは富士経済ネットワークスへご連絡下さい。
※1こちらの資料は日本語版のみとなります
お申込み 【お申込み】
富士経済USA資料のお申込みフォーム

【お問合わせ】
富士経済ネットワークスまで TEL:03-3664-5844

はじめに

米国のヘルスケア分野は巨大である。米国民が長生きするようになり、高齢化が進むにつれて、ヘルスケア需要も支出も一層増大していく。さらに、2014年から連邦政府の健康保険への加入が義務付けられるようになると、健康保険カバレージが適用される米国民は少なくとも3千万人増加すると見込まれ、結果的にヘルスケア需要が爆発的に増加し、支出も巨大化していく。そのため、コストを抑えるための抜本的改革としての医療情報技術にますます依存していくことになり、医療ITは多方面にわたって進化しつつ急成長市場を形成していくと予想される。

すでに米国有数の企業、IBM、AT&T、Microsoft、Dellやスマートフォン用アプリケーション・デベロッパーなど、多くの米国企業が成長チャンスを決して逃すまいと、日夜、垂直統合型ヘルスケア用IT製品とサービスの開発に邁進している。

本報告書は、今日の米国における医療IT市場の全体像の概観から始まって、この市場が病院、医師、そして患者の観点から、どのような方向に向かおうとしているのか、それならば医療IT関連の開発企業はどのような製品やサービスの開発に傾注しているのであろうか、トレンド並びに今後の方向性を究明。

具体的に言えば、臨床医用の電子健康医療記録(EHR)および電子処方(e-prescribingまたはeRx)システム、医療画像の管理に使われるPACS、患者のための安全性改善とケアの質の向上を可能にするRFID/RTLSシステム、医療情報交換のためのクラウド・プラットフォーム、メディカルホームおよびコンシューマー用デジタル・ヘルスケア製品とサービスに使われるリモート・ワイヤレス患者モニタリング技術、臨床医用の開発が急速に進んでいるスマートフォン&タブレット・デバイス用アプリケーションなど、トレンドと進むべき方向性について、インタビューを交えた取材から明らかにしている。

本報告書はまた、EHRを利用する標準的なケアの未来が何故ビジュアルなのか、量が増加する医療データと画像に対応するために何故クラウドがいいのか、ワイヤレス技術によってどのようにスマート・メディカルホームおよびスマート患者ルームが可能になるのか、そして医療ITとモバイル技術の統合が市場の力学をどのように再形成していくのか、などに関しても重要な情報を提供する。

セクション5も含め、本書で扱っている医療IT分野に精力的に取り組んで開発を行なっているベンチャー企業を含めたハードウエア、ソフトウエア、そしてネットワーク接続などのプロバイダー(たとえば、ヘルスケア業界における有名企業、垂直統合型ヘルスケア・ソリューションを提供する大手IT企業、そして、個人投資家の関心を集めているクラウド&モバイル医療分野のスタートアップ企業、など)の概要をも網羅している。

本書が御社の事業に役立てれば幸甚です。

Fuji-Keizai USA

 対象医療IT分野

セグメント 技術・製品
EMR関連の技術 EHR
PHR
eRx(電子処方)
非EMR系の医療ITシステム 画像診断管理システムPACS/RIS/CVIS
ヘルスケアRFID・RTLSシステム
ヘルスケア WiFi
クラウド・ホスティングによるヘルスケア・サービス 医療クラウド IaaS & SaaS
ホームケア/コンシューマー・デジタルヘルス・サービス スマートアウェア・ホーム(Smart Aware Home)
デジタル・ヘルス製品/サービス (ホーム・センサー、ヘルス・センサー、リモート・モニタリング・デバイス)
mHealth(医療用スマートフォン・アプリケーション)


 対象企業数(注目すべきベンチャー企業活動は各項目の報告の中に記載され、以下とは別扱い)

EMR/EHR/PHRソフトウエア 7社
eRx(電子処方)のプロバイダー 3社
診断医療画像IT(画像管理と接続) 2社
ヘルスケア用のRFID/RTLS技術 7社
クラウド・ベースのヘルスケア・サービス:ソフトウエア 6社
クラウド・ベースのヘルスケア・サービス:インフラ 6社
ホームケア/コンシューマー・デジタル・ヘルス:リモート・モニタリング 6社
モバイル・ヘルス:医療に使われているスマートフォン 6社
エンタープライズ医療ITベンダー(複数の医療ITセグメントでアクティブ) 3社

<目次>

イントロダクション

セクション1:全体像

  • 1.1 医療保険改革前の業界構造と規模
  • 図1.1 米国のヘルスケア連続体
  • 表1.1 数字で見る米国のヘルスケア業界
  • 1.2 米国の景気刺激法案と医療IT(その意味と施行スケジュール)
  • 1.2.1 電子健康医療記録(EHR)インセンティブ・プログラム
  • 表1.2 米国連邦政府のEHRおよび高度なヘルスケアITインセンティブ
  • 1.2.2 「有意義な利用」の義務付け
  • 1.2.3 HITECHとITスタンダード
  • 表1.3 医療ITの「有意義な利用」のステージ/主要技術/導入時期
  • 表1.4 主要な医療ITスタンダード
  • 1.2.4 民間投資
  • 表1.5 医療IT市場における政府と民間企業の役割
  • 1.3 ヘルスケア改革法がもたらしているトレンド
  • 1.3.1 医療情報交換(HIE)
  • 表1.6 医療情報交換(HIE)モデルと現状
  • 1.3.2 アカウンタブルケア組織(ACO)
  • 1.3.3 患者中心のメディカルホーム
  • 1.4 ヘルスケア改革後の医療ITビジネス/サービス・モデル
  • 1.4.1 アウトソーシングされた(民間管理の)医療情報ネットワーク
  • 1.5 主要な医療ITプレーヤー(概観)
  • 1.5.1 伝統的な(既存の)医療ソフトウエア&ITベンダー
  • 表1.7 本報告書でカバーしているトップレベルの医療ITベンダー:売上高&セグメント
  • 1.5.2 医療ITを実現する企業と非伝統的なプレーヤー

セクション2:医療IT市場セグメント、アプリケーション&市場トレンド:サマリー(全体像)

  • 2.1 主要な実現技術セグメントと成長を促進する要因
  • 2.2 トレンドとアプリケーションのサマリー
  • 2.2 統合医療/ヘルスケアITシステム(ダイヤグラム)

セクション3:医療IT技術と市場トレンド

  • 3.1 EMR関連の技術
  • 3.1.1 EMR/EHR/PHR
  • 1) 現状(概観)
  • 表3.1 EMR、EHR、そしてPHRの比較
  • 2) 技術トレンドと進歩・方向性
  • 3) 主要製品と新製品開発動向
  • 4) 市場規模と予測、-
  • 表3.2 外来EHR、病院EHR、およびPHR:市場規模と予測、2010〜2016年
  • 図3.1 外来EHR、病院EHR、およびPHR:市場規模と予測、2010〜2016年
  • 5) 医療ITパートナーシップと提携
  • 6) 主要なプレーヤーの活動と市場シェア(%)
  • 図3.2 病院用EHRベンダーのシェア 自己申告インストレーション
  • 7) 注目すべきベンチャー企業の活動
  • 8) プレーヤーのリスト
  • 9) ニュース速報/注目すべき展開
  • 3.1.2 電子処方(eRx)
  • 1) 現状(概観)
  • 2) 技術トレンドと進歩・方向性
  • 3) 主要製品と新製品開発動向
  • 4) 市場規模と予測、2010年〜2016年
  • 表3.3 eRx 市場規模と予測、2010年〜2016年
  • 図3.3 eRx 市場規模と予測、2010年〜2016年
  • 表3.4 電子処方(eRx)アプリケーションの成長性 2008年〜2010年
  • 図3.4 電子処方(eRx)アプリケーション・ベンダーのシェア
  • 5) 医療ITパートナーシップと提携
  • 6) 主要なプレーヤーの活動と市場シェア(%)
  • 7) ベンチャー企業の活動
  • 8) プレーヤーのリスト
  • 9) ニュース速報/注目すべき展開
  • 3.2 非EMR系の医療ITシステム
  • 3.2.1 画像診断管理システム
  • 1) 現状(概観)
  • 2) 技術トレンドと進歩・方向性
  • 3) 主要製品と新製品開発動向
  • 4) 市場規模と予測、2010年〜2016年
  • 表3.5 PACSとRIS/CVIS 市場規模と予測、2010年〜2016年
  • 図3.5 PACSとRIS/CVIS 市場規模と予測、2010年〜2016年
  • 図と表3.6 米国における医療画像撮像数 成長トレンド
  • 5) 医療ITパートナーシップと提携
  • 6) 主要なプレーヤーの活動と市場シェア(%)
  • 図3.7 RIS/PACS ベンダーのシェア
  • 図3.8 CIS/PACS ベンダーのシェア
  • 7) ベンチャー企業の活動
  • 8) プレーヤーのリスト
  • 9) ニュース速報/注目すべき展開
  • 3.2.2 RFIDとRTLSシステム
  • 1) 現状(概観)
  • 2) 技術トレンドと進歩・方向性
  • 3) 主要製品と新製品開発動向
  • 4) 市場規模と予測、2010年〜2016年
  • 表3.7 ヘルスケアRFID&ヘルスケアWiFi 市場規模と予測、2010年〜2016年
  • 図3.9 ヘルスケアRFID&ヘルスケアWiFi 市場規模と予測、2010年〜2016年
  • 5) 医療ITパートナーシップと提携
  • 6) 主要なプレーヤーの活動と市場シェア(%)
  • 7) 注目すべきベンチャー企業の活動
  • 8) プレーヤーのリスト
  • 9) ニュース速報/注目すべき展開
  • 3.3 クラウド・ホスティングによるヘルスケア・サービス
  • (医療用デバイスを利用する場合と、しない場合の両方)
  • 1) 現状(概観)
  • 図3.10 医療ITクラウドのレイヤー
  • 2) 技術トレンドと進歩(方向性)
  • 3) 主要製品と新製品開発動向
  • 4) 市場規模と予測、2010年〜2016年
  • 表3.8 ヘルスケアIaaSとヘルスケアSaaS 市場規模と予測、2010年〜2016年
  • 図3.11 ヘルスケアIaaSとヘルスケアSaaS 市場規模と予測、2010年〜2016年
  • 表3.9 クラウド・サービス市場規模、2010-2015
  • 表3.10 病院別の年平均画像ストレージ・ニーズ:
  • 5) 医療ITパートナーシップと提携
  • 6) 主要なプレーヤーの活動と市場シェア(%)
  • 7) 注目すべきベンチャー企業の活動
  • 8) プレーヤーのリスト
  • 9) ニュース速報/注目すべき展開
  • 3.4 ホームケア/コンシューマー・デジタルヘルス・サービス
  • 3.4.1 スマートアウェア・ホーム(Smart Aware Home)
  • 1) 現状(概観)
  • 2) 技術トレンドと進歩(方向性)
  • 3) 主要製品と新製品開発動向
  • 4) 市場規模と予測、2010年〜2016年
  • 米国のブロードバンド成長予測 スマートアウェア・ホーム技術の基礎となっている接続(コネクティビティー)
  • 表3.11 ブロードバンド・ホーム、WiFiホーム&モバイル・ブロードバンド成長予測 -
  • 図3.12 ブロードバンド・ホーム、WiFiホーム&モバイル・ブロードバンド成長予測 -
  • 5) 医療ITパートナーシップと提携
  • 6) 主要なプレーヤーの活動と市場シェア(%)
  • 7) 注目すべきベンチャー企業の活動
  • 8) プレーヤーのリスト
  • 9) ニュース速報/注目すべき展開
  • 3.4.2 デジタル・ヘルス製品/サービス 
  • (ホーム・センサー、ヘルス・センサー、そしてリモート・モニタリング・デバイス)
  • 1) 現状(概観)
  • 2) 技術トレンドと進歩(方向性)
  • 3) 主要製品と新製品開発動向
  • 表3.12 患者セグメント別のコンシューマー管理デジタル・ヘルス製品例:
  • 4) 市場規模と予測、2010年〜2016年
  • 表3.13 ホーム・ヘルス・モニタリング&パーソナル・ヘルス製品 市場規模と予測、2010年〜2016年
  • 図3.13 ホーム・ヘルス・モニタリング&パーソナル・ヘルス製品 市場規模と予測、2010年〜2016年
  • 5) 医療ITパートナーシップと提携
  • 6) 主要なプレーヤーの活動と市場シェア(%)
  • 7) 注目すべきベンチャー企業の活動
  • 8) プレーヤーのリスト
  • 3.4.3 mHealth(医療用スマートフォン・アプリケーション)
  • 1) 現状(概観)
  • 2) 技術トレンドと進歩(方向性)
  • 3) 主要製品と新製品開発動向
  • 4) 市場規模と予測、2010年〜2016年
  • 表3.14 mHealthアプリケーション 市場規模と予測、2010年〜2016年
  • 図3.14 mHealthアプリケーション 市場規模と予測、2010年〜2016年
  • 表3.15 スマートフォン&タブレット 売上予測、2010年〜2013年
  • 図3.15 スマートフォン&タブレット 売り上げ予測、2010年〜2013年
  • 5) 医療ITパートナーシップと提携
  • 6) 主要なプレーヤーの活動と市場シェア(%)
  • 図3.16 米国市場におけるスマートフォン・プラットフォームのシェア
  • 表3.16 iPhone、iPad、そしてAndroidスマートフォンの市場シェア
  • 7) 注目すべきベンチャー企業の活動
  • 8) プレーヤーのリスト
  • 9) ニュース速報/注目すべき展開

セクション4:調査結果・サマリー

  • 表4.1 セクション3の医療ITセグメント市場規模のサマリー
  • 表4.2 成長率順によるトップ10医療ITセグメント

セクション5:企業活動

  • 5.1 EMR/EHR/PHRソフトウエア(合計7社)
  • 5.2 電子処方(eRx)のプロバイダー(合計3社)
  • 5.3 診断医療画像IT(画像管理と接続)(合計2社)
  • 5.4 ヘルスケア用のRFID/RTLS技術(合計7社)
  • 5.5 クラウド・ベースのヘルスケア・サービス:ソフトウエア(合計6社)
  • 5.6 クラウド・ベースのヘルスケア・サービス:インフラ(合計6社)
  • 5.7 ホームケア/コンシューマー・デジタル・ヘルス:リモート・モニタリング(合計6社)
  • 5.8 モバイル・ヘルス:医療に使われているスマートフォン(合計6社)
  • 5.9 エンタープライズ医療ITベンダー(複数の医療ITセグメントでアクティブ)(合計4社)