資料名

次世代センサーのR&Dと商品化に関する調査

米国およびその他の地域デベロッパーによって推進されている注目すべき次世代センサーの研究開発の内容と開発者動向、商品化のタイミング、市場の見通し等を明らかにする。

発刊日2012年01月16日体裁137ページ
申込み先富士経済ネットワークス制作富士経済USA
価格
日本語版/英語版※1
簡易製本版/送料無料142,000円+税
備考 下記に関するお問い合せは富士経済ネットワークスへご連絡下さい。
※1英語版について
お申込み 【お申込み】
富士経済USA資料のお申込みフォーム

【お問合わせ】
富士経済ネットワークスまで TEL:03-3664-5844

はじめに

世界の至る所でリサーチャー、および製品デザイナーがセンサー技術を次のレベルに高めることに取り組んでいる次世代センサーが注目を浴びている。

市場という観点から見た場合、センサー技術は想像力次第で、さまざまな目的のために活用可能な興味深い技術である。今日では、エレクトロニクス技術をベースとするほとんどの装置やデバイス、および計測ニーズが重要なウエイトを占める計測器といった機器にもセンサーが利用されている。今後、センサー技術がさらに進化し量産が可能になると同時に、小型のモバイル・デバイスにも組み込むことが容易になれば、より広範囲の製品にセンシング機能を持たせることが可能になるだろう。

本報告書は、米国、およびその他の地域デベロッパー、およびこれらのデベロッパーによるイノベーションを浮き彫りにしている。これらの革新技術には、すでに商品化されているもの、近い将来に商品化される見通しであるもの、および、いずれラボにおけるリサーチ段階から製品化へと移行できる可能性のあるものが含まれている。

本報告では、特に3つの市場: すなわち、ヘルスケア/医療用センサー、自動車用センサー、そしてマイクロマシン・システム(MEMS)市場に焦点を合わせている。OEMの観点から見た場合、未来のセンサーは、エネルギー効率、そして計測精度がさらに改善され、あらゆるモバイル・デバイスおよびフィールド・デバイスに対応できる通信機能を備えたものでなければならない。また、デベロッパーは、センサー・データへのアクセスをインターネット(クラウド)経由で行えるようにする必要があるという点を念頭に置いて開発を行っている。

さらにもう一つのチャレンジは、システムに複数のセンサーを統合できるようにすることである。特に今日では、マイクロスケール、およびナノスケールのセンサーの開発が進められているが、もちろん、いくつかのセンサー技術、およびコンセプトは世界各地のラボで何年にもわたって開発が続けられてきた。往年のビニール盤レコードの溝をたどる針の動きを電気信号に変換するために利用されるカートリッジには、圧電効果を利用するピエゾ素子センサーが使われているものがあったが、今日では圧電素子技術は、マイクロ&ナノスケールのセンサー・システム、およびナノパワー・ジェネレーターに活用できる重要な技術になる可能性があるとして注目されている。

本書で扱っている注目すべきセンサーについては、以下の対象セグメントを中心に、研究開発状況、開発者動向、商品化のタイミング、市場の見通しなどを詳しく調査、記述されている。

本書が御社の事業に役立てれば幸甚です。

Fuji-Keizai USA

 調査対象

A ヘルスケア・モニタリング A1 医療用装置に使われているセンサー
A2 体に装着するタイプのセンサー
A3 センサーを利用するモバイル医療情報装置
A4 病院用ロボット(遠隔操作型および自律型)
A5 リモート・サイトにおける手術
B ヒトの細胞および体の手術
および計測用のナノ・バイオセンシング
B1 体内/体外バイオセンシング用のナノバイオ磁気粒子
B2 ナノフォトニクス・バイオセンシング
B3 センサー・ジェリー技術を利用するバイオセンシング
C 高度のMEMS用マイクロ/ナノテクノロジー C1 高度のMEMS用マイクロ/ナノテクノロジー
C2 ヘルスケア用に使われているMEMSセンサー
C3 高度なMEMSセンサー
D モバイル用装置およびセンサー・ネットワーク用
のマイクロ・エネルギー・ハーベスティング
D1 エネルギー・ハーベスティング
D2 次世代のマイクロバッテリー
D3 モバイル装置/センサー・ネットワーク・システム
E 自動車用の制御&安全センサー E1 安全センサー
E2 ミリ波レーダーを利用するシステム
F 新サービスに利用されているセンサー   M2M

<目次>

1.イントロダクション

2.センサー・セグメント/アプリケーション

  • 2.1 実現技術
  • 2.2 現行および新規アプリケーション
  • 2.3 センサー市場のデベロッパー
  • A:ヘルスケア・モニタリング
  • A1:医療用装置に使われているセンサー
  • 1.1 現状の概観:次世代センサー技術およびセンサー製品
  • 1.2 現在進行中のR&D:開発状況とデベロッパー/企業のR&Dセンター/ベンチャー&大学のR&Dセンター/政府系のR&D組織
  • 1.3 主要なアプリケーションと製品・新規開発
  • 1.4 将来における商品化の可能性と市場の見通し
  • 1.5 最新ニュース
  • A2:体に装着するタイプのセンサー
  • 2.1 現状の概観:次世代センサー技術およびセンサー製品
  • 2.2 現在進行中のR&D:開発状況とデベロッパー/企業のR&Dセンター/ベンチャー&大学のR&Dセンター/政府系のR&D組織
  • 2.3 主要なアプリケーションと製品・新規開発
  • 2.4 将来における商品化の可能性と市場の見通し
  • 2.5 最新ニュース
  • A3:センサーを利用するモバイル医療情報装置
  • 3.1 現状の概観:次世代センサー技術およびセンサー製品
  • 3.2 現在進行中のR&D:開発状況とデベロッパー/企業のR&Dセンター/ベンチャー&大学のR&Dセンター/政府系のR&D組織
  • 3.3 主要なアプリケーションと製品・新規開発
  • 3.4 将来における商品化の可能性と市場の見通し
  • 3.5 最新ニュース
  • A4:病院用ロボット(遠隔操作型および自律型)
  • 4.1 現状の概観:次世代センサー技術およびセンサー製品
  • 4.2 現在進行中のR&D:開発状況とデベロッパー/企業のR&Dセンター/ベンチャー&大学のR&Dセンター/政府系のR&D組織
  • 4.3 主要なアプリケーションと製品・新規開発
  • 4.4 将来における商品化の可能性と市場の見通し
  • 4.5 最新ニュース
  • A5:リモート・サイトにおける手術
  • 5.1 現状の概観:次世代センサー技術およびセンサー製品
  • 5.2 現在進行中のR&D:開発状況とデベロッパー/企業のR&Dセンター/ベンチャー&大学のR&Dセンター/政府系のR&D組織
  • 5.3 主要なアプリケーションと製品・新規開発
  • 5.4 将来における商品化の可能性と市場の見通し
  • 5.5 最新ニュース
  • B:ヒトの細胞および体の手術および計測用のナノ・バイオセンシング
  • B1:体内/体外バイオセンシング用のナノバイオ磁気粒子
  • 1.1 現状の概観:次世代センサー技術およびセンサー製品
  • 1.2 現在進行中のR&D:開発状況とデベロッパー/企業のR&Dセンター/ベンチャー&大学のR&Dセンター/政府系のR&D組織
  • 1.3 主要なアプリケーションと製品・新規開発
  • 1.4 将来における商品化の可能性と市場の見通し
  • 1.5 最新ニュース
  • B2:ナノフォトニクス・バイオセンシング
  • 2.1 現状の概観:次世代センサー技術およびセンサー製品
  • 2.2 現在進行中のR&D:開発状況とデベロッパー/企業のR&Dセンター/ベンチャー&大学のR&Dセンター/政府系のR&D組織
  • 2.3 主要なアプリケーションと製品・新規開発
  • 2.4 将来における商品化の可能性と市場の見通し
  • 2.5 最新ニュース
  • B3:センサー・ジェリー技術を利用するバイオセンシング
  • 3.1 現状の概観:次世代センサー技術およびセンサー製品
  • 3.2 現在進行中のR&D:開発状況とデベロッパー/企業のR&Dセンター/ベンチャー&大学のR&Dセンター/政府系のR&D組織
  • 3.3 主要なアプリケーションと製品・新規開発
  • 3.4 将来における商品化の可能性と市場の見通し
  • C:高度のMEMS用マイクロ/ナノテクノロジー
  • C1:地熱発電用の過酷な環境に耐えられるMEMSセンサー
  • 1.1 現状の概観:次世代センサー技術およびセンサー製品
  • 1.2 現在進行中のR&D:開発状況とデベロッパー/企業のR&Dセンター/ベンチャー&大学のR&Dセンター/政府系のR&D組織
  • 1.3 主要なアプリケーションと製品・新規開発
  • 1.4 将来における商品化の可能性と市場の見通し
  • C2:ヘルスケア用に使われているMEMSセンサー
  • 2.1 現状の概観:次世代センサー技術およびセンサー製
  • 2.2 現在進行中のR&D:開発状況とデベロッパー/企業のR&Dセンター/ベンチャー&大学のR&Dセンター/政府系のR&D組織
  • 2.3 主要なアプリケーションと製品・新規開発
  • 2.4 将来における商品化の可能性と市場の見通し
  • 2.5 最新ニュース
  • C3:高度なMEMSセンサー
  • 3.1 現状の概観:次世代センサー技術およびセンサー製品
  • 3.2 現在進行中のR&D:開発状況とデベロッパー/企業のR&Dセンター/ベンチャー&大学のR&Dセンター/政府系のR&D組織
  • 3.3 主要なアプリケーションと製品・新規開発
  • 3.4 将来における商品化の可能性と市場の見通し
  • 3.5 最新ニュース
  • D:モバイル用装置およびセンサー・ネットワーク用のマイクロ・エネルギー・ハーベスティング
  • D1:エネルギー・ハーベスティング
  • 1.1 現状の概観:次世代センサー技術およびセンサー製品
  • 1.2 現在進行中のR&D:開発状況とデベロッパー/企業のR&Dセンター/ベンチャー&大学のR&Dセンター/政府系のR&D組織
  • 1.3 主要なアプリケーションと製品・新規開発
  • 1.4 将来における商品化の可能性と市場の見通し
  • 1.5 最新ニュース
  • D2:次世代のマイクロバッテリー
  • 2.1 現状の概観:次世代センサー技術およびセンサー製品
  • 2.2 現在進行中のR&D:開発状況とデベロッパー/企業のR&Dセンター/ベンチャー&大学のR&Dセンター/政府系のR&D組織
  • 2.3 主要なアプリケーションと製品・新規開発
  • 2.4 将来における商品化の可能性と市場の見通し
  • 2.5 最新ニュース
  • D3:モバイル装置/センサー・ネットワーク・システム
  • 3.1 現状の概観:次世代センサー技術およびセンサー製品
  • 3.2 現在進行中のR&D:開発状況とデベロッパー/企業のR&Dセンター/ベンチャー&大学のR&Dセンター/政府系のR&D組織
  • 3.3 主要なアプリケーションと製品・新規開発
  • 3.4 将来における商品化の可能性と市場の見通し
  • 3.5 最新ニュース
  • E:自動車用の制御&安全センサー
  • E1:安全センサー
  • 1.1 現状の概観:次世代センサー技術およびセンサー製品
  • 1.2 現在進行中のR&D:開発状況とデベロッパー/企業のR&Dセンター/ベンチャー&大学のR&Dセンター/政府系のR&D組織
  • 1.3 主要なアプリケーションと製品・新規開発
  • 1.4 将来における商品化の可能性と市場の見通し
  • 1.5 最新ニュース
  • E2:ミリ波レーダーを利用するシステム
  • 2.1 現状の概観:次世代センサー技術およびセンサー製品
  • 2.2 現在進行中のR&D:開発状況とデベロッパー/企業のR&Dセンター/ベンチャー&大学のR&Dセンター/政府系のR&D組織
  • 2.3 主要なアプリケーションと製品・新規開発
  • 2.4 将来における商品化の可能性と市場の見通し
  • 2.5 最新ニュース
  • F:新興のサービスに利用されているセンサー
  • 1. 現状の概観:次世代センサー技術およびセンサー製品
  • 2. 現在進行中のR&D:開発状況とデベロッパー/企業のR&Dセンター/ベンチャー&大学のR&Dセンター/政府系のR&D組織
  • 3 主要なアプリケーションと製品・新規開発
  • 4. 将来における商品化の可能性と市場の見通し
  • 5. 最新ニュース

3. 重要な調査結果

4. デベロッパーの活動(セグメント別)

  • A.ヘルスケア・モニタリング
  • A-1: 医療用装置に利用されているセンサー
  • 1.1−1.3(合計3社)
  • A-2:ボティー・モニタリング・センサー
  • 2.1−2.5(合計5社)
  • A-3:センサーによって得た医療データをモバイル機器で読み取り可能にする技術(mHealth)
  • 3.1−3.7(合計7社)
  • A-4:自律的オペレーションが可能な病院内作業ロボットおよび手術ロボット
  • 4.1−4.11(合計11社)
  • B.ナノバイオセンサー
  • B-1:ナノバイオ磁気粒子
  • 1.1−1.4(合計4社)
  • B-2:ナノフォトニクス
  • 2.1−2.7(合計7社)
  • B-3:センサー・ジェリー(Sensor Jelly)技術を利用するバイオセンシング
  • 3.1−3.3(合計3社)
  • C.高度MEMS用のマイクロ‐ナノテクノロジー
  • C-1:地熱発電およびその他の過酷な環境用のMEMSセンサー
  • 1.1−1.4(合計4社)
  • C-2:ヘルスケア用MEMS
  • 2.1−2.4(合計4社)
  • C-3:高度なMEMS(汎用、産業間共通のアプリケーション)
  • 3.1−3.5(合計5社)
  • D.エネルギー・ハーベスティング
  • D-1:マイクロ・エネルギー・ハーベスター
  • 1.1−1.7(合計7社)
  • D-2:次世代のマイクロバッテリー
  • 2.1−2.6(合計6社)
  • D-3:モバイル装置/センサー・ネットワーク・システム
  • 3.1−3.5(合計5社)
  • E.自動車市場向けの安全センサー(ミリ波レーダー・センサーを含む)
  • 1.1−1.5(合計5社)